読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロモリ

ポケモン-WCS2011 ポケモン-個別考察 雑記

素早さ種族値114が目を引く。このルールでは5位。
それより速いのはアギルダーエルフーンゼブライカチラチーノ
エルフーン以外の採用率は低く、エルフーンに対してもタイプ相性は有利。
「こだわりスカーフ」の存在を無視すれば素早さ負けして縛られるということはあまり無い。


種族値合計425は下から数えて2位。なかなか悲惨である。
それでも攻撃57、「きあいのタスキ」前提の耐久種族値と無駄をそぎ落とした種族値配分。
強力アタッカーであるテラキオン以上の特攻を実現している。


火力は「エスパージュエル」「サイコキネシス」で無振りテラキオンを1発、「ひこうのジュエル」「エアスラッシュ」でHP振りエルフーン1発。
各種ジェエルと急所を組み合わせれば、弱点をつける相手ならだいたい1発で倒せる。
弱点をつけない相手に対しても「がむしゃら」である程度の抵抗はできる。


「ふういん」、「てだすけ」、「ちょうはつ」など変化技が比較的充実している。
そのため、ジュエルを使った後や有効打がないときにも腐りにくい。
「でんじは」や「いばる」といった行動を制限するタイプの変化技は、「エアカッター」の追加効果とのシナジーが見込める。
素早さが高く、これらの変化技を先制で通しやすいのも強み。運がよければ無傷で相手を倒せる。