読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトキュレム

アルセウスに次ぐ合計種族値を持つ。特攻170から放たれるタイプ一致氷技を半減できるのはカイオーガ程度で、ほとんどの相手に等倍以上。
りゅうせいぐん」を使わずにグラードンを1発で倒せ、「こだわりメガネ」を使用すれば特防特化トゲキッスも1発。
氷技は「ふぶき」を使いたいところだが、ユキノオーと弱点がかぶっているので、同時に並べるのにはやや不安が残る。
また、ドラゴンと格闘が弱点のため、返しの1発で倒されやすい。素早さの低さもあり、ミュウツーの様に2ターン連続で「ふぶき」を選択してダメージを稼ぐという動きを取りにくい。
もう片方のタイプ一致技、「りゅうせいぐん」も強力。特攻最大の「こだわりメガネ」「りゅうせいぐん」でH252アルセウスを5割程度の確率で1発。「いのちのたま」の反動を含めれば確実に倒せる。
格闘技や「りゅうせいぐん」に対して交換でき、「でんじは」によるサポートが可能なルギアとは比較的相性がいい。


攻撃技は、氷技とドラゴン技でだいたい用が済む。あとは、どちらも半減の鋼用に「クロスフレイム」程度。
「ふぶき」:命中が不安。使うのであればユキノオーと併用したい。
れいとうビーム」:命中安定の単体攻撃。ユキノオーを採用しない、命中70を使うのが怖いというときに。
りゅうせいぐん」:高威力のタイプ一致技。
りゅうのはどう」:デメリットなしのドラゴン技。パルキアカイオーガ以外では「れいとうビーム」と大して変わらない。
クロスフレイム」:鋼タイプ用。特攻最大「こだわりメガネ」で特防補正なしのメタグロスを1発。
きあいだま」:バンギラスアルセウス用。
「こごえるかぜ」:素早さ操作。しかし、当てたいであろうパルキアコジョンドなどには対面で素早さ操作をしかける余裕がない。


素早さ種族値が95で、数の多い90に先制できる値。しかし、最速の90が少ないため、最速必須というほどではなさそう。素早さに振ると、素早さ90の他に無振りに近いアルセウスを抜けるようになる。「しんそく」には結局先制されるが「じしん」で一掃するという動きをとらせにくくなるので、抑止力としてはあり。
耐久に振ると、意地っ張りアルセウスの「つるぎのまい」「いのちのたま」「しんそく」や、控えめディアルガの「りゅうのはどう」、臆病パルキアの「あくうせつだん」を耐えられるようになる。ドラゴン技に関しては「ドラゴンジュエル」や「こだわりメガネ」、「りゅうせいぐん」の存在からあまり信用できないが……