読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイオーガ

ポケモン-クリスマスカップ ポケモン-個別考察

アルセウスの「しんそく」で大きくHPを削られ、制限なく伝説ドラゴンポケモンを採用できるため、「こだわりスカーフ」「しおふき」での制圧は難しくなっている。
それでも水等倍以上のポケモンがいないわけではなく、半減でもかなりのダメージを与えることができる。タイミングがかみ合えばそのままゲームエンドまで持っていく強さはある。
このゆびとまれ」や「いかりのこな」でカイオーガを守りながら「しおふき」を連打するというのも単純ながら強力。
特性「あめふらし」は、「こだわりスカーフ」と合わせて「ふぶき」への返しとして使える。ミュウツーは水等倍、キュレムユキノオーも隣のポケモンで「しおふき」の圏内に入れられるようにしておけば、「ふぶき」に合わせた交換から巻き返しを狙える。「ふぶき」への耐性をあげられる伝説ポケモンは貴重。


攻撃技の種類はいくつかあるが、タイプは水・電気・氷でほぼ固定。
「しおふき」:高威力の全体攻撃技。ほぼ必須。
「だくりゅう」:全体攻撃技。HPが削れた時に。
なみのり」:「だくりゅう」の相互互換。味方への被害は「テレパシー」でどうにか。
ハイドロポンプ」:単体への威力は最大。HPに関係なく大きなダメージを稼げる。相手にアルセウスがいるときは専らこれを使用することになる。
「かみなり」:威力が高く、追加効果も強力。
れいとうビーム」:ディアルガキュレムに対しては雨「ハイドロポンプ」の方が威力が高いので、あまり使わない。
「ふぶき」:ユキノオーと合わせるなら。相手のユキノオーを利用できることも珍しくない。
「ぜったいれいど」:当たりさえすれば問答無用で倒せる。急所や「かみなり」からの行動不能を願うよりよほど現実的なので、技スペースが空いていれば入れておいて損はない。


道具は「こだわりスカーフ」「こだわりメガネ」「みずのジュエル」辺り。
「こだわりメガネ」、「みずのジュエル」を使用する場合は、「ハイドロポンプ」でアルセウスを倒せる特攻は確保しておきたい。残った努力値を耐久に回すと、「つるぎのまい」「いのちのたま」「しんそく」を耐えられる。素早さの努力値は残らないが、「トリックルーム」と併用するのであればこれでもいいだろう。