読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LTGY 面白そうなカード

遊戯王-その他
  • 《ゴゴゴギガース》
    • 《ゴゴゴゴースト》に続く展開カード。戦闘を放棄しても強いランク4があまりいないのが気になるところ。欲を言えば、そろそろ墓地を肥やせるゴゴゴを……
  • 《幻獣機テザーウルフ》
    • 幻獣機の中では、トークンの生成条件が緩く、実質レベル7のモンスターとして運用できる。単体でも2500として戦闘でき、腐りにくい。
      機械族のモンスターを用意できるので、カラクリ将軍を使った展開にも使える。
  • 《真海皇 トライドン》
    • 《深海のディーヴァ》、《海皇の狙撃兵》でリクルートすれば1枚消費、手札からでも《海皇の重装兵》の追加召喚効果を使えば即座に発動条件を満たせる。《海皇の咆哮》に対応しているのもうれしい。《燃え上がる大海》と合わせて、《海皇龍 ポセイドラ》デッキを作ってみたくなるカード。
  • 《キングレムリン
    • 爬虫類族の《ギアギガント X》。エクシーズ素材の縛りがない代わりに、墓地から回収できなくなっている。爬虫類族の特殊召喚モンスターには《カゲトカゲ》が存在するので、ガジェットの様にこれを使いまわしていく連続エクシーズ召喚を狙うこともできる。
      《レスキューラビット》1枚で《宇宙砦ゴルガー》の準備ができるので、《宇宙砦ゴルガー》デッキには待望の1枚。
      闇属性ということで、《A・O・J カタストル》を処理でき、《魔のデッキ破壊ウイルス》のコストになるのも《ギアギガント X》にないメリット。
  • 《星邪の神喰》
    • 永続魔法になったかわりに、いろいろ制約がついた《おろかな埋葬》。墓地から自身(または他のカード)を除外することで発動する効果と特に相性がよい。専用気味に組むと楽しそう。この種類のモンスターは手札に来ると困るカードが多いので、征竜で処理できるようにするといいかも。
  • 《ギアギアギア》
    • 1枚で《ギアギガント X》に繋がり、《ギアギガント X》の蘇生効果まで使えるようになる。
      機械族を展開するので、例によってカラクリ将軍の展開にも使える。《ギアギアーノ Mk−II》を《A・ジェネクス・バードマン》で引っ込めてシンクロ、《ギアギアーノ Mk−II》で釣り上げの流れがきれい。