読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対魔導

《魔導書の神判》が発売前にエラッタされるかもしれないというわずかな希望は潰え、公式サイトで超強力カードとして紹介される状態。
使えそうな対策カードを適当に。

  • 《エフェクト・ヴェーラー》
    • 《魔導書士 バテル》にあてれば1:1。一応、《魔導法士 ジュノン》の効果を止めることもできる。
  • 《D.D.クロウ》
    • 《ネクロの魔導書》だけでなく、《セフェルの魔導書》も止められる。《魔導法士 ジュノン》を《神の警告》や《マインドクラッシュ》で消した後の始末、《セフェルの魔導書》絡みのスタートに。
  • 《ドロール&ロックバード》
    • 最初の回収は見届ける必要があり、単体で発動すると損。《魔導書の神判》のあとのドローやサーチに対応して使えば、《魔導書の神判》の効果による回収を止めることができる。《魔導書の神判》のテキストが「サーチ効果。“その後”、リクルート効果」なので、サーチできないとリクルートもできない?
  • 《異次元の指名者》
    • 《マインドクラッシュ》と違い除外できるので、《ネクロの魔導書》による《魔導法士 ジュノン》の再利用を許さない。ただし、1枚しか除外できない。
  • 《マインドクラッシュ》
    • 《魔導法士 ジュノン》をまとめて叩き落とせる。《ネクロの魔導書》は1ターンに1枚なので、発動ターンは《死者蘇生》でもされなければ1体しか出てこない。

以下、《魔導戦士 ブレイカー》に蹂躙されるカード達。

  • 《ライオウ》
    • サーチ効果を多用するので、妨害として優秀。しかし、《魔導法士 ジュノン》の自己特殊召喚効果には無力。《魔導教士 システィ》+《ヒュグロの魔導書》にも超えられるが、自身の効果により揃いにくくできるのが救い。
  • 《アンデットワールド》
    • 魔導書は、魔法使い族を発動条件にしているカードが多いので、種族変更が意外と効く。ただ、《魔導書院ラメイソン》に上書きされ、肝心の《魔導法士 ジュノン》には無力。
  • 《透破抜き》
    • 《魔導法士 ジュノン》の自己特殊召喚に対応して除外できる。《マインドクラッシュ》と比較して、範囲が狭い代わりに除外できるのが利点。
  • 《王宮の鉄壁》
    • 除外を発動コストにする《魔導法士 ジュノン》の破壊効果、《ゲーテの魔導書》、《ネクロの魔導書》、《魔導教士 システィ》が発動できなくなる。これらの発動前に《王宮の鉄壁》を発動する必要があり、《ゲーテの魔導書》は対応して発動される可能性がある。