読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野非公認

遊戯王-大会
  1. 征竜 ○○
    1. 《魔導書の神判》回して勝ち。
    2. 《幻獣機ドラゴサック》トークン2《No.11 ビッグ・アイ》2伏せのスタート。
      《魔導書の神判》チェーン《闇のデッキ破壊ウイルス》。しかし、《魔導書士 バテル》の効果が通りトークンを踏み台に魔法3回発動を達成。《昇霊術師 ジョウゲン》で蓋して勝ち。
  2. 魔導 ×○ET×
    1. 《魔導書の神判》スタートで《昇霊術師 ジョウゲン》が立ち、《魔導書の神判》を構えられる。こちらのターンで即座に《魔導書の神判》が発動されたので、何もせず2伏せでターンを渡す。
      《魔導書廊エトワール》のブーストが洒落にならず、後がないので相手エンドフェイズに《魔導書の神判》《月の書》で《昇霊術師 ジョウゲン》を裏返して反撃に向かう。しかし、盤面を返すのが精いっぱいでだめ。
    2. 忘れた。
    3. 早々にET。《魔導法士 ジュノン》の攻撃でライフを削った後のラストターン、《魔導法士 ジュノン》《昇霊術師 ジョウゲン》《トーラの魔導書》の布陣に出てきたのが《霊滅術師 カイクウ》。《ヒュグロの魔導書》《セフェルの魔導書》は確定していたので《ゲーテの魔導書》に対して《霊滅術師 カイクウ》に《トーラの魔導書》。《昇霊術師 ジョウゲン》が消えて《魔導法士 ジュノン》降ってきてまけ。
  3. 魔導 ○○
    1. 先に《魔導書の神判》回して勝ち。
    2. 《魔導書廊エトワール》でブーストされた《霊滅術師 カイクウ》に困っていたが、相手も《霊滅術師 カイクウ》を召喚。《トーラの魔導書》《トーラの魔導書》で相殺されると面倒くさいなと思ったら何もせずエンド。《トーラの魔導書》で《魔導書廊エトワール》消せるの気づいてなかったのかな。
  4. 六武衆 ○○
    1. 動けないので《神の警告》を置いてエンド。相手は《六武の門》スタートだったが、スタートのモンスターを《神の警告》で弾いてストップ。
      次のターンに《魔導書の神判》を回し、《昇霊術師 ジョウゲン》と《神の宣告》構えて勝ち。
    2. 場に《真六武衆−エニシ》のみ。《紫炎の狼煙》で《六武衆の影武者》を拾ってきたところで《御前試合》を撃たずに場に出るまで欲張ったら、《六武衆の荒行》経由で《ナチュル・ビースト》を出されてしまった。幸い《魔導法士 ジュノン》で踏みつぶせたが、危ない。
  5. 征竜 ×○ET×
    1. 初手の魔導書は3枚。《魔導書士 バテル》を経由して《エフェクト・ヴェーラー》をあてられると、《魔導書の神判》が成立しない上に《魔導法士 ジュノン》2枚が腐ることになるので《魔導法士 ジュノン》1枚使って《魔導書の神判》を回す。隣に《昇霊術師 ジョウゲン》を置いてエンド。
      《昇霊術師 ジョウゲン》が《月の書》でひっくり返り、《No.11 ビッグ・アイ》《No.11 ビッグ・アイ》《幻獣機ドラゴサック》と一気に並べられる。《エフェクト・ヴェーラー》のおかげでライフは残ったが、《超再生能力》6ドローのおまけつき。
      残りの札だと返せないので、仕方なく《魔導書院ラメイソン》の追加ドローを発動すると《ドロール&ロックバード》。盤面は返せたが追撃はさばけず負け。
    2. 相手はしばらく動きなし。その間に《魔導書の神判》を回せたが、《昇霊術師 ジョウゲン》は手札で《霊滅術師 カイクウ》の4枚には届かず、不安が残る盤面。
      《パペット・プラント》から《氷帝メビウス》というきれいな展開で場が空き、征竜を展開されるがライフは首の皮1枚で残る。《氷帝メビウス》《幻獣機ドラゴサック》《幻獣機ドラゴサック》トークン2の盤面を《魔導法士 ジュノン》2枚で返し、《昇霊術師 ジョウゲン》で蓋して勝ち。
    3. 《魔導法士 ジュノン》2枚に罠3枚のかみ合わない手札。おまけに引けたモンスターが発動できない《魔導教士 システィ》。《御前試合》で固めたのはいいがライフを返せず負け。