読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公認

遊戯王-大会

使用デッキ:魔導

  1. 魔導 ○×○
    1. 先攻《魔導書の神判》したことだけ覚えてる。
    2. 《昇霊術師 ジョウゲン》、《神の宣告》で詰めに向かってみたが、後続が続かずに巻き返されてしまった。タイミングを見誤った。
    3. 先攻なのに《魔導書廊エトワール》、《魔導教士 システィ》の地味なスタート。しかし、相手も《魔導教士 システィ》、《ヒュグロの魔導書》に3伏せといまいち。
      こちらのターンで《魔導書の神判》、《大嵐》と投げてみると、素通りして投了もらった。
  2. 征竜 ○○
    1. 先攻《魔導書の神判》で《魔導教士 システィ》から《魔導法士 ジュノン》を拾う。
      次のターンの攻めを《ゲーテの魔導書》でいなし、《魔導書の神判》2回目で《霊滅術師 カイクウ》と《昇霊術師 ジョウゲン》を並べる。返されず勝ち。
    2. 《ライオウ》2伏せの征竜らしからぬスタート。
      すぐに《魔導法士 ジュノン》を投げられる状態だったが、これを返されると何もできなくなるのでスルーして、伏せを2枚おく。
      伏せ2枚の《サイクロン》で、こちらの罠が2枚とも消され、出てきたのが《サイキック・ブロッカー》。ライフが持たないのでこの2体を《ブラック・ホール》で消してターンを渡す。
      相手の攻め手はまた《ライオウ》。ようやくこちらの手が揃ったので、《魔導法士 ジュノン》で突っ込み、《魔導書の神判》《トーラの魔導書》《ゲーテの魔導書》を構えてエンド。
      相手ターンで《魔導書の神判》をすると、特に動きがなかったので、《青き眼の乙女》をリクルートしてキル。
  3. 聖刻 ○○
    1. 先攻《魔導書の神判》で《昇霊術師 ジョウゲン》と防御札を構え、そのまま崩されず勝ち。
    2. 相手がドロップ。
  4. 魔導 ×○×
    1. 相手は《魔導教士 システィ》効果とがば伏せのスタート。
      こちらの《魔導書の神判》スタートに、相手も《魔導書の神判》。仕方がないので、3枚重なっていた《グリモの魔導書》を《魔導書の神判》に変えるだけでストップ。《魔導書の神判》《月の書》《トーラの魔導書》を置き、《青き眼の乙女》をリクルートして相手ターンに備える。
      相手ターンで《魔導書の神判》を発動すると《神の宣告》。《魔導書の神判》を一方的に回されて伏せも失い、アドバンテージ突き放されて負け。
    2. 忘れた。
    3. 《エクスチェンジ》で《グリモの魔導書》を抜かれ、残った《魔導書士 バテル》が《神の宣告》をくらってスタートカードがなくなる。
      《青き眼の乙女》を置いて時間稼ぎしてみるが駄目。