読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒単ヘルボロフで使ったクリーチャー

DM-その他

f:id:metagross-armor:20150309024047p:plain
最近、黒単ヘルボロフで使ったクリーチャーの雑感。
特定のデッキへの対策カードはいろいろあるが、《極・龍覇 ヘルボロフ》が着地しないと出来の悪いメタビートにしかならないので、7マナまで到達できる(カードを追加で補充できる)ようにマナカーブを作るのが理想的。

  • 《一撃奪取ブラッドレイン》
    • カードパワーの高いカードが4マナ域なので、2ターン目に使えるマナ加速の恩恵は大きい。特に、コントロールデッキに対する先攻《一撃奪取ブラッドレイン》《暗黒鎧 ヴェイダー》の動きは強烈。
      ビートダウン相手だと相手の攻め手を削る方が重要で、先攻《一撃奪取トップギア》の返しで出しても追いつけていないことが多い。
      先攻2ターン目から毎ターン手札を使っても、《龍魂遺跡 グリーネ》経由でぎりぎり《極・龍覇 ヘルボロフ》まで届く。
  • 《学校男》
    • 序盤で2マナ域のシステムクリーチャー、《停滞の影タイム・トリッパー》に当たると強い。先攻2ターン目、3ターン目のこれらに対処できるカードは貴重。
      それ以降だと、《極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス》で釣り上げて攻撃クリーチャーを破壊するまでほとんど出番がない。システムクリーチャーを多用する構築だと尚更。
  • 《特攻人形ジェニー》
    • 早いビートダウン相手にとりあえず使っておくと勢いを削げる(かもしれない)。それ以外の相手だと、使わないことが多い。
      1枚でも墓地にあれば、《極真王殿 ウェルカム・ヘル》で使い回せるハンデスとして機能するのが便利。
  • 《死劇人形ピエール》
    • 自分のクリーチャーを巻き込まずに相手のクリーチャーと交換できる2マナ。と書くと強そうなのだが、一撃奪取にさわれず、《轟く侵略 レッドゾーン》で他のパワー1000ラインとまとめて吹き飛ばされるのが良くなかった。
  • 《停滞の影タイム・トリッパー》
    • 《一撃奪取ブラッドレイン》と同じく1マナ分の差をつけるカード。序盤の妨害カードとしては最高峰。《解体人形ジェニー》と違い、同名2枚持ちでも1ターンは稼いでくれる。
  • 《暗黒鎧 ゴルドバット》
    • 小さい《白骨の守護者ホネンビー》。4マナが太りやすいデッキなので、マナカーブをきれいにしたい時に便利。
      《氷牙提督マティアス卿》を入れると、《白骨の守護者ホネンビー》より優先する理由ができる。
  • 《西部人形ザビ・バレル》
    • コントロールに対して《S級不死 デッドゾーン》を落とされたり、《超次元リバイヴ・ホール》で辻褄を合わせられたりするのはともかく、ビートダウンにも《天真妖精オチャッピィ》で利用されたりマッドネスを落とされたりするのが切ない。除去付きのアタッカーが多く、ブロッカーが利点になりにくいのも逆風。
      相手の選択肢が消える後半だと、とりあえず出して場を固められるカードとして優秀。
  • 《デュエマの鬼!キクチ師範代》、《禁術のカルマ カレイコ》
    • 封印やウルトラシールド・プラス、《爆熱天守 バトライ閣》などマナブースト以外にも引っかかる要素は多い。
      多すぎて、自分も引っかかる。《極・龍覇 ヘルボロフ》着地しても、何も釣れない。《龍魂遺跡 グリーネ》を使えなくなるのもマイナス。
      モルトNEXT:単騎アタックをスレイヤーブロッカーで、複数展開をこれで止めるとほぼ封殺できる。後攻3ターン目に置いても《無双竜鬼ミツルギブースト》であっさり退場するので、出すタイミングが難しい。《メンデルス・ゾーン》には間に合わず、《フェアリーの火の子祭》も後攻だと間に合わないので、マナブーストを止める手段としてはあまり期待できない。
      天門:ハンデスとドローソースの枚数に関係なく、1枚で《奇跡の精霊ミルザム》を封殺できるのが強み。後引きした場合でもチェインコンボが繋がることは阻止できる。ただ、S・トリガーで除去される可能性があり1枚だと頼りない。
      赤侵略:3ターン目にこんなものを出す余裕はないので、一度相手の攻勢をさばいてから出すことになる。この枠を序盤の攻勢をしのぐためのカードにした方が、赤侵略への勝率が高くなるのではないかという気がしなくもない。
  • 《特攻秘宝カースガイ》
    • 能力の誘発さえしてしまえば解決時に本体が場になくても機能するので、並のブロッカーより信頼できる。アンブロッカブルやタッパーに強いのも利点。
      タイミングの融通が効かず、相手の複数展開に弱い。複数並べても意味がないので、2枚以上採用にしにくい。
  • 《百発人形マグナム》
    • トップメタの侵略に対して効くだけでなく、ロマノフやマッドネスなど想定外のデッキに対しても突き刺さることがある。
      相手のS・トリガークリーチャーを潰すこと、自分の攻撃クリーチャーを破壊することを両立でき、詰めの局面で強い。
      破壊するクリーチャーを相手が選べるのがネックで、盤面に数が並んでいると機能しにくい。
      何らかのリソースを使った侵略に対しては強いが、無限に湧き出てくる《S級不死 デッドゾーン》は苦手。シールドへの攻撃を中止できるので、《復讐 ブラックサイコ》や《S級不死 デッドゾーン》でも気兼ねなく侵略のトリガーにされる。
  • 《暗黒鎧 ヴェイダー》
    • 経過ターンがそのままアドバンテージに直結し、《一撃奪取ブラッドレイン》や《停滞の影タイム・トリッパー》などのターンを稼ぐカードとの相性は抜群。
      呪文を入れている限り運が絡み、ドローできずに返しで除去されると悲しい。特に、ハンデス相手だと1枚の差が響きやすく、フルクリーチャーかそれに近い構築が望ましい。
  • 《白骨の守護者ホネンビー》
    • 《暗黒鎧 ヴェイダー》よりアドバンテージの確定が速く、その質もある程度保証されている。呪文を入れても使いやすい。
      単純な枚数比較だと《暗黒鎧 ヴェイダー》に劣るが、カードの質と《極・龍覇 ヘルボロフ》の最大数をごまかせることが強み。
  • 《デュエにゃん皇帝》
    • 最初の《極真王殿 ウェルカム・ヘル》で釣り上げて龍解するだけで、《極真王殿 ウェルカム・ヘル》が2枚に増える。《百発人形マグナム》がいれば、龍解無しにあるだけの《極真王殿 ウェルカム・ヘル》が並ぶ。
      何らかのコンボを組まないと、最初の《極真王殿 ウェルカム・ヘル》を用意することには貢献してくれず、オーバーキル気味。既存の構築にそのまま入れても、特に手札にキープしておきたいカードではなく、たまたま墓地に落ちたらラッキー程度の存在になりがち。
  • 《希望の親衛隊ファンク》
    • 《解体人形ジェニー》と《勝利のガイアール・カイザー》をまとめて落とせて、デッドゾーンの進化元を潰すのには丁度いい。5マナと相応に重いのが難点。
      《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》がパワー4000になり、《暗黒鎧 ヴェイダー》でブロックできるようになる。
  • 《氷牙提督マティアス卿》
    • 黒単、とは。
      マッドネスの常として、《解体人形ジェニー》で見られると寒い。
      ドラグナー8枚と《暗黒鎧 ヴェイダー》で12枚。できればもう1種類ぐらい入れてナイトを増やしたい。外れても《極・龍覇 ヘルボロフ》を探すために占術3をしたと考えればぎりぎり許容範囲(?)。