読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白青黒赤ハイランダーコントロール

f:id:metagross-armor:20160516200704j:plain
ボルコン杯レギュレーション - 中野ボルコン杯
上記のルール用デッキの話。

はじめに

なぜこんな超マイナールールに手を付けてしまったのか。
デュエ祭のおまけとして開催されている特殊ルール(10枚改造戦やブロック構築など)でも毎回デッキを考えているので、つまりそういうことだろう。デッキを考えるのは面白い。
デッキリスト内の40種類のカードに逐一説明を書いても仕方ないので、設計思想だけ書いていく。

概要

リンク先にある長文を読めばわかる通り、通常の殿堂レギュレーション以外にも禁止カードが多数存在し、構築の制約が多い。
低マナ域のクリーチャーの枚数が制限され、召喚酔いに影響されないクリーチャーも制限がかかっているため、安定したビートダウンを行うのは難しい。また、呪文に干渉するカードが軒並み禁止されており、呪文を使うリスクが少ない。
よって、このルールでデッキを組むと、除去コントロールになることが多い。
”ボル”コンというのは名前だけで、大抵の場合ボルメテウスは2枚(《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》と《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》)のみ。シールド焼却で詰めていくことは少ない。
ハイランダーでどんな相手にも対応できるなどとと謳う必要は全くなく、このルールで組まれたデッキを倒すことに集中すれば良い。

構築するときに気を付けること

ハイランダー構築なので決まった動きはないのだが、いくつか分かりやすい負けパターンが存在する。

  1. 最序盤のシステムクリーチャーを除去できず、アドバンテージを突き放される。軽量で汎用性が高いものだと、《精神を刻む者、ジェイス》、《バキューム・クロウラー》、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》、《No Data》など。
  2. 早期の《悪魔龍 ダークマスターズ》/《ロスト・ソウル》でリソースをほとんど失う。
  3. 《光神龍スペル・デル・フィン》/《偽りの王 ナンバーナイン》で手詰まりになる。

これらを回避しやすくするように構築するのが最低条件。
>システムクリーチャー
最速着地を返せるように軽量除去を入れる。
>《悪魔龍 ダークマスターズ》/《ロスト・ソウル》
手札以外の場所にリソースを用意する。
《墓守の鐘 ベルリン》を場に出す。
大量の手札を用意して3枚抜かれても問題ないようにする(《悪魔龍 ダークマスターズ》のみ)。
>《光神龍スペル・デル・フィン》/《偽りの王 ナンバーナイン
除去効果を持つクリーチャーを入れる。
呪文を減らす。

デッキ構築

まず、先述の条件を満たすためにデッキコンセプトを3つ設定した。

  • 相手のシステムクリーチャーを即座に除去するために、除去を大量に入れる。
  • 置き物のアドバンテージエンジンで、ハンデスに耐性を付ける。
  • 呪文を切り詰めて、クリーチャー主体にする。

さらに発展させて、2つ追加。

  • バトルゾーン以外に墓地からもアドバンテージを獲得できるように、《黒神グールジェネレイド》と《リュウセイ・イン・ザ・ダーク》を入れる(ドラゴンをベースにする)。
  • 《光神龍スペル・デル・フィン》/《偽りの王 ナンバーナイン》のために呪文を削っているのだから、同じ理論で《墓守の鐘 ベルリン》のためにハンデスも削る。

あとは、コンセプトに沿ったカードを詰め込んで完成。

5/15に使用したデッキ

1 x デモニック・プロテクター
1 x 時の玉 ミラク
1 x 墓守の鐘 ベルリン
1 x コダマダンス・チャージャー
1 x 魂と記憶の盾
1 x アクア鏡師 パワードミラー
1 x 白鬼ギャラガ
1 x 爆鏡 ヒビキ
1 x リップ・ウォッピー
1 x ブレイン・チャージャー
1 x リバース・チャージャー
1 x リボーン・EVOチャージャー
1 x フリーズ・チャージャー
1 x 暗黒鎧 ヴェイダー
1 x 斬撃虫ブレードワーム
1 x インフェルノ・サイン
1 x 龍神ヘヴィ
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
1 x 未来の玉 ダンテ
1 x 蒼神龍ヴェール・バビロニア
1 x モエル 鬼スナイパー
1 x 龍素記号Bg ニュートン専用パンツァー
1 x 龍素記号 d2 リャンペーコ
1 x 爆竜 バトラッシュ・ナックル
1 x 地獄門デス・ゲート
1 x 黒神グールジェネレイド
1 x 神滅恐皇グールギヌス
1 x 邪眼皇ロマノフI世
1 x 魔龍バベルギヌス
1 x 魔天聖邪ビッグディアウト
1 x 悪魔龍 ダークマスターズ
1 x 究極生命体 Z
1 x 未知なる弾丸 リュウセイ
1 x 大聖堂 ベルファーレ
1 x 革命魔王 キラー・ザ・キル
1 x リュウセイ・イン・ザ・ダーク
1 x 永遠の悪魔龍 デッド・リュウセイ
1 x ボルメテウス・ブラック・ドラゴン
1 x サイバー・W・スパイラル
1 x ボルメテウス・サファイア・ドラゴン

クリーチャーは、除去効果持ち、システムクリーチャー、カードアドバンテージに直結するカードを優先。
呪文は、カードパワーの高い3枚と後半でも腐りにくい効果を持つチャージャーを5枚。
5ターン目までにシステムクリーチャー1体とチャージャー1回を使い、6ターン目(7マナ)以降は大型クリーチャーを連打するのが理想的な動き。