読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇火レッドゾーン

DM-デッキ

f:id:metagross-armor:20160603013112j:plain
《轟音 ザ・ブラック V》に続き、《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》が追加されて、闇火のスピードアタッカーかつコマンド持ちが2種類使えるようになったのでお試し。
火単の基本形をそのまま引き継いだような構造にした。

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 轟速 ザ・ゼット
3 x 轟速 ザ・レッド
3 x 轟音 ザ・ブラック V
4 x 超音速 ターボ3
4 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
1 x インフェルノ・サイン
4 x 轟く侵略 レッドゾーン
4 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
4 x 地獄門デス・ゲート

《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》の効果は《超次元リバイヴ・ホール》に近いが、こちらの利点はクリーチャーであること。そのため、《一撃奪取 トップギア》の恩恵を受けられる。また、先に《禁断~封印されしX~》の封印を外して自身の効果で墓地を1枚増やしてから回収するため、《超次元リバイヴ・ホール》より選択肢が増える。

  • 2、3マナ
    • 1ターン差を付けられるカードを8枚使えるのが闇を追加する利点。《停滞の影タイム・トリッパー》を最大枚数にしても、先攻3ターン目までに8枚のいずれかを引ける確率は8割を超える程度で、やや頼りない。
      2コスト以下のクリーチャーを革命チェンジや侵略で育てるデッキに対して、《停滞の影タイム・トリッパー》が役に立たないのが不満。《一撃奪取 ブラッドレイン》……?
  • 4マナ
    • スピードアタッカーを最大12枚入れられるが、10枚で先攻3ターン目に手札に来る確率が9割になるので10枚。
      《轟音 ザ・ブラック V》と《轟速 ザ・レッド》を3枚ずつにしているのは、多色の総数の都合。
  • 5マナ
    • 構築した動機である《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》を4枚。
  • 進化クリーチャー
    • 全て強いので4枚。
  • S・トリガー
    • 余った5枠を全てS・トリガーにした。
      インフェルノ・サイン》は、素で唱えても5マナのクリーチャーとして扱えるため腐り辛く、禁断解放による防御を行える可能性がある。また、後攻《一撃奪取 トップギア》を《轟く侵略 レッドゾーン》で破壊された時に場に戻せる。
      《地獄門デス・ゲート》の強みは、除去でかつ《禁断~封印されしX~》の封印を外せる可能性があること。ただ、タップしているクリーチャー(特に《百族の長 プチョヘンザ》)に触れないのは小さくないデメリット。《百族の長 プチョヘンザ》が多いようなら、封印を外せないとはいえ《凶殺皇 デス・ハンズ》を優先した方が良さそう。
  • 多色の枚数
    • 先攻《一撃奪取トップギア》スタートで3ターン目に仕掛ける場合、許容される多色の枚数はせいぜい2枚。タップイン、《一撃奪取トップギア》、スピードアタッカーと侵略で手札に多色が残る。《轟音 ザ・ブラック V》があれば、これを出して単色が手札に残る。
      雑に計算すると、7枚引いて多色が2枚以下になる確率は、7枚で91%、8枚で86%。
      だいもんじ」は信用できないが、「りゅうせいぐん」は信用できるので、多色は7枚にした。