読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水火自然ランデス

DM-デッキ

f:id:metagross-armor:20160222013850j:plain
《オリオティス・ジャッジ》が相対的に強化されたので引っ張り出してきたデッキ。
強固な意志を持つことで、相手に《マナ・クライシス》と《オリオティス・ジャッジ》を順に踏ませることができ、相手の盤面が吹き飛ぶ。

  • 良いところ
    • 相手のマナを削り切って《「祝」の頂 ウェディング》でシールドを墓地に送るのが楽しい。
  • 悪いところ
    • 《フェアリー火の子祭》を使われると負ける。
    • 《虚構の影バトウ・ショルダー》、《暗黒鎧ヴェイダー》、《龍波動空母 エビデゴラス》を出されるとつらい。
    • メンデルスゾーン》、《フェアリー・ミラクル》で2枚マナブーストされるとつらい。
    • 小型クリーチャーを主体としたデッキに勝てない。
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
4 x 勇愛の天秤
1 x ブラッサム・シャワー
4 x オリオティス・ジャッジ
4 x マナ・クライシス
4 x ドンドン吸い込むナウ
4 x 焦土と開拓の天変
4 x 超次元エナジー・ホール
3 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
2 x 「祝」の頂 ウェディング

1 x 時空の踊り子マティーニ舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 激沸騰!オンセン・ガロウズ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
  • マナブースト
    • 定番の2マナを8枚に加えて3マナを1枚。2マナの9枚目でないのは、最低限5マナまでにマナブーストをできればいいため。4マナのアクションはそこまで重要ではない。
      後半引いても有用なカードとして《ブラッサム・シャワー》を選択した。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》と《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》のどちらも、回収する意味は大きい。
  • 4マナ
    • デッキコンセプトである《マナ・クライシス》を4枚。
      《ドンドン吸い込むナウ》は防御用S・トリガー、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の使い回し、除去、サーチを兼ねる汎用カード。役割が多く、S・トリガーということもあって4枚。
  • 5マナ
    • 《焦土と開拓の天変》を4枚。同じランデスでも、1:1交換にしかならない《マナ・クライシス》とは雲泥の差。《マナ・クライシス》だけでランデスを行ってもまず勝てないので、確実に使いたいカード。
      《超次元エナジー・ホール》(《勝利のリュウセイ・カイザー》)は、1枚分のリソースを稼ぎながら相手を1マナ遅らせるという点で《焦土と開拓の天変》と同等の効果を得られる。こちらも最大枚数。
  • 7マナ
    • アドバンテージエンジンの《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を3枚。1枚も使えないと厳しいとはいえ、7マナと相応に重いため3枚に留めた。
  • フィニッシャー
    • S・トリガーによる逆転を許さない《「祝」の頂 ウェディング》を2枚。時間がかかる分はランデスで補う。
  • その他
    • 《オリオティス・ジャッジ》
      《蒼き団長 ドギラゴン剣》で横に広がった盤面を除去できる貴重なS・トリガー。踏ませられるかどうかでゲームが決まることが多々あるので4枚。マナを減らせば、終盤でも除去として機能する。
    • 《勇愛の天秤》
      中盤以降はほぼ2マナの《エナジー・ライト》として使える。火の中では数少ないアドバンテージカード。
    • 《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》
      《ヴォルグ・サンダー》対策としてデッキの中に眠っていてもらうカード。手札に来たら《勇愛の天秤》で捨てる。たまに、バトルゾーンに出て妨害したり殴り返したりする。
      《ヴォルグ・サンダー》関係なく自然にデッキがなくなる可能性があるため、セットで採用。

4文明構成に加えて無色のカードを2枚採用しているため、マナに十分な文明を揃えにくい。《焦土と開拓の天変》と《勇愛の天秤》、《ドンドン吸い込むナウ》と《龍素記号Sr スペルサイクリカ》のような水もしくは火を2枚必要とする動きを行えないことがある。