読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

革命ファイナルブロック構築 ドギラゴン剣VSプチョヘンザ

革命ファイナルブロック構築においてカードパワーの高いカードといえば、(《伝説の禁断 ドキンダムX》は置いておくとして)《蒼き団長 ドギラゴン剣》と《百族の長 プチョヘンザ》だろう。
f:id:metagross-armor:20160806205429j:plain
納得のレジェンド。

このルールに取り組むにあたって、《蒼き団長 ドギラゴン剣》を軸にしたデッキ、《百族の長 プチョヘンザ》を軸にしたデッキ、その両方を入れたデッキを考え始めた。どちらも使わないというのはパワー不足が否めない。
最大勢力と想定されるのは《蒼き団長 ドギラゴン剣》で、これに勝てるようにするのは最低ライン。
ビートダウンに有利なカードと言えば《百族の長 プチョヘンザ》である。

《百族の長 プチョヘンザ》が《蒼き団長 ドギラゴン剣》をきれいに返すにはどうするかというと、次のような流れが考えられる。

  1. 後攻3ターン目:《青銅の鎧》を召喚。
  2. 先行4ターン目:《蒼き団長 ドギラゴン剣》が飛び込んできて3枚ブレイク。中から《青寂の精霊龍 カーネル》(《音階の精霊龍 コルティオール》)がめくれて《蒼き団長 ドギラゴン剣》の隣を止める。
  3. 後攻4ターン目:パワーに修整を与えるD2フィールド(《爆裂筋肉養成所》、《ワンダーチューン・MOTORS》、《業火の禁断エリア》)を展開、《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジして盤面を流す。ここで《青銅の鎧》が巻き込まれるので6マナに到達。

素晴らしい。

そう思って、《百族の長 プチョヘンザ》のデッキを考えながら《蒼き団長 ドギラゴン剣》と戦わせていたのだが、勝率は芳しくなかった。何故か。

まず、

中から《青寂の精霊龍 カーネル》(《音階の精霊龍 コルティオール》)がめくれて

の部分。(6マナ到達は、そもそも先攻だと余裕だったり《フェアリー・ライフ》のトリガーや2ターン目から連続ブーストでどうにかなるので、《青銅の鎧》の重要度はそこまで高くない。)
8枚投入したとして、3枚からヒットする確率は半分以下。そして、5枚でヒットしない可能性が3割ある。
3枚でS・トリガーがめくれなかった場合、《ワンダーチューン・MOTORS》と《業火の禁断エリア》は、《蒼き団長 ドギラゴン剣》2体の盤面を返せないことにも注意。

運よくS・トリガーがめくれたとして、次は盤面を返す必要がある。

バトルを支援するD2フィールド(《爆裂筋肉養成所》、《ワンダーチューン・MOTORS》、《業火の禁断エリア》)を展開、《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジ

このD2フィールドに割けるスロットはせいぜい4枚で、もちろん《百族の長 プチョヘンザ》も4枚。
《蒼き団長 ドギラゴン剣》を除去すればD2フィールドは要らないが、隣がタップされていないと《百族の長 プチョヘンザ》がシールドに飛び込むことになる。
一応、シールドの追加でもう1ターン引っ張ることも可能ではある。

ここまでの流れを達成しても、勝ちきるまでが大変。
返しに《百族の長 プチョヘンザ》を除去されると、次の《蒼き団長 ドギラゴン剣》への備えが無くなる。すぐに《百族の長 プチョヘンザ》を召喚できるほどのマナは無いことが多く、シールドの追加で対応することになる。《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》が絡んでいた場合、次の《蒼き団長 ドギラゴン剣》はすぐに飛んでくるので、猶予は1ターンしかない。
《百族の長 プチョヘンザ》を除去されないか、されてもシールドの補充が間に合うことで、ようやくゲームが始まる。

つまり、勝つために必要な要素は以下のようになる。

  • S・トリガーで《百族の長 プチョヘンザ》のチェンジ元を用意する。(先攻なら5マナでチェンジ元を召喚できる。)
  • D2フィールドを展開して、《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジしつつ6マナに到達する。
  • シールドを追加する。

これらを満たした上で、デュエルマスターズの勝利条件(《伝説の禁断 ドキンダムX》に除去を当てるか、禁断解放と相手のS・トリガーを気にしつつ直接攻撃)を達成しなければならず、要求量が多い。
残念ながら、この要求を安定して満たせるデッキをついに作れなかった。

一方で、《蒼き団長 ドギラゴン剣》はそれを場に出すこと自体が直接デュエルマスターズの勝利条件に近づいている。さらに、《蒼き団長 ドギラゴン剣》と《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》が1枚ずつがあればゲームができるため、要求量が少ない。
3マナのチャージャーがいずれもデッキを掘る効果を持っていること、《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》が後続を探してくることも要求量の緩和に貢献している。

結局、今シーズン最初の店舗予選は、《蒼き団長 ドギラゴン剣》を使用した。
運良く勝ち抜けたものの、トリガー12枚が標準の中で《伝説の禁断 ドキンダムX》という爆弾を抱えたビートダウンは使いたくない、というのが正直なところ。