読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュエル・マスターズ グランプリ 4th

DM-大会

f:id:metagross-armor:20170418205539p:plain
せっかく都内なので、参加してきた(11ヶ月ぶり3回目)。
使用デッキは、水闇バッシュギヌス。

  1. 光水自然ビッグマナ 〇
    《パクリオ》、《ドンドン吸い込むナウ》で《パクリオ》回収と動かれてこちらのコンボパーツが消滅。
    ドローを進めて後続を探しに行く間にも相手のマナは伸び続け、《ドンドン吸い込むナウ》で《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》を見せつけられて死刑宣告を受ける。
    しかし、トップから駆けつけてきたのは《凶鬼34号 バッシュ》。コンボパーツが揃い、《ヴォルグ・サンダー》で相手の山札を0にして勝ち。
  2. 闇火ドルマゲドン ×
    相手は《終断α ドルーター》、《リロード・チャージャー》と順調な滑り出し。こちらもルーターで手札を回転させるがコンボパーツは見えず。
    5マナで《終断δ ドルハカバ》が召喚されて相手の攻撃が始まる。しかし、このターンは《終断α ドルーター》の1枚ブレイクで《終末の時計 ザ・クロック》がトリガーしてストップ。返しのターンではまだコンボを決めるに至らず、パーツ集めのみ。
    再び相手の攻撃を受けて、《終末の時計 ザ・クロック》と《エマージェンシー・タイフーン》がトリガー。これにより手札にコンボパーツが揃ったが、墓地には何もカードがない上に、0マナの墓地肥やしである《暗黒鎧 ダースシスK》は手札に1枚のみ。《エマージェンシー・タイフーン》で《復活の祈祷師ザビ・ミラ》か《魔龍バベルギヌス》を落とせば《復活の祈祷師ザビ・ミラ》が着地するものの、相手の山札を削るには生贄が足りない。上から《暗黒鎧 ダースシスK》を引く以外に道はなく、《斬隠蒼頭龍バイケン》を捨ててコンボ成立時の威力を上げることに。
    そんなに都合いい引きは2試合連続で起きず、《暗黒鎧 ダースシスK》の代替コストで《復活の祈祷師ザビ・ミラ》か《魔龍バベルギヌス》が落ちることもなく負け。
  3. 光水闇ロージアダンテ 〇
    4ターン目で、墓地に《魔龍バベルギヌス》を用意しながら《凶鬼34号 バッシュ》を召喚する上々の滑り出し。《解体人形ジェニー》の妨害にあい即起動とはいかなかったが、それ以外の相手の行動は手札補充の連打で特に動きがない。その間に2体目の《凶鬼34号 バッシュ》の召喚が通り、続くターンで《クリスタル・メモリー》から《暗黒鎧 ダースシスK》を引っ張ってきてコンボ成立。相手の山札を削り取った。
  4. 火自然モルトNEXT 〇
    相手がマナチャージのみでターンを消化するのに対して、こちらはルーターから《クリスタル・メモリー》と動き、シールドに《終末の時計 ザ・クロック》、手札に《暗黒鎧 ダースシスK》2枚《凶鬼34号 バッシュ》《復活の祈祷師ザビ・ミラ》、墓地に《魔龍バベルギヌス》と万全の構え。
    スクランブル・チェンジ》からの攻めを《終末の時計 ザ・クロック》でいなし、返しに《超覚醒ラスト・ストームXX》2体で撲殺。
  5. ジョーカーズ ×
    超次元ゾーンに《極真王殿 ウェルカム・ヘル》と《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》が見えたが、《龍芭扇 ファンパイ》はおろか《悪夢卍 ミガワリ》すらなかったので一瞬でブラフだと分かってしまった。
    ジョーカーズかなと思ったら案の定で、《ヤッタレマン》から《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》を唱え、続くターンに《洗脳センノー》を絡めた横並び展開のロケットスタート
    3ターン連続でマナチャージしかできないこちらを尻目に、《破界秘伝ナッシング・ゼロ》を添えての《ジョリー・ザ・ジョニー》の攻撃が敢行される。これを返す手段は《終末の時計 ザ・クロック》とルーターの組み合わせのみ。祈るようにシールドを確認すると……あった。《斬隠蒼頭龍バイケン》で《洗脳センノー》を除去してターンを終了する。
    しかし、幸運はここまで。山札から1枚引き、改めて自分の手札を確認すると《凶鬼34号 バッシュ》がない。
  6. 火自然モルトNEXT ×
    《クリスタル・メモリー》で確認したS・トリガーはルーター2枚と《終末の時計 ザ・クロック》と強めの内容。それに呼応してか、相手の攻め手も《メガ・マナロック・ドラゴン》、《スクランブル・チェンジ》《超戦龍覇 モルトNEXT》《爆熱天守 バトライ閣》と重厚。
    最初の《メガ・マナロック・ドラゴン》の攻撃でドラゴンはめくれず、ルーター2枚がトリガー。ここで、《斬隠蒼頭龍バイケン》を使って《超戦龍覇 モルトNEXT》をどかせば、残っている《終末の時計 ザ・クロック》でさらに1ターンもらえる。しかし、返しにコンボの起動はできず、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》が入っていた場合は《伝説のレジェンド ドギラゴン》と封印が3つ外れた状態でのS・トリガーというリスクを背負うことになる。
    手札の《暗黒鎧 ダースシスK》は1枚、残る3枚のシールドにも1枚。《斬隠蒼頭龍バイケン》を出して《超戦龍覇 モルトNEXT》を戻さずに殴ってもらえばどうシールドをブレイクされても頭数は揃うが、さぁブレイクしてくださいと言っているようなプレイをして、攻撃してくれるとは考えづらい。次のW・ブレイクで《暗黒鎧 ダースシスK》が残った場合が最悪だが、延命してもそのリスクを回避できる保証がない。
    熟考の末、《斬隠蒼頭龍バイケン》を出さずにスルーを決める。
    《超戦龍覇 モルトNEXT》の攻撃に合わせて山札から《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》が飛び出してきて負け。

6ラウンド目で3敗を喫して終了。3回GPに参加した中で最低の成績になってしまった…… 次は頑張りましょう。