読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光自然サザン・ルネッサンス

f:id:metagross-armor:20170421000902j:plain
光自然メタリカの発展形なのだが、メタリカが抜けた。
クリーチャーをドローに変換、増えた手札をクリーチャーに変換を繰り返して数の暴力で押し切るのは変わらず。
《染空の守護者エルス・エリクシオン》を採用することで、自然の枚数を多くとりつつ《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》の性能を落とさないようにした。

1 x 予言者クルト
2 x 希望の親衛隊ラプソディ
4 x 奇跡の予言者ラッキー・クルト
4 x ベイB ジャック
1 x ダンディ・ナスオ
4 x 黙示賢者ソルハバキ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x デスマッチ・ビートル
4 x ジャスト・ラビリンス
4 x 染空の守護者エルス・エリクシオン
2 x 呪紋のカルマ インカ
2 x 音精 ラフルル
4 x 共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス
  • 《ベイB ジャック》
    • 大量展開の要。1マナクリーチャーなら差し引き0マナで召喚できるため、大量のクリーチャーを高速でバトルゾーンに展開できる。
      1ターン目にこれを着地させられるかどうかで動きがずいぶん変わる。
  • 1マナクリーチャー
    • 《予言者クルト》、《希望の親衛隊ラプソディ》、《奇跡の予言者ラッキー・クルト》
      余った7枠を全て光の1マナクリーチャーに割いた。《ベイB ジャック》の存在を考えると、2マナと1マナの差はとても大きい。
      序盤から積極的に攻撃することはあまりなく、《奇跡の予言者ラッキー・クルト》の攻撃制限が問題になることは少ない。
  • 実質1マナクリーチャー
    • 《黙示賢者ソルハバキ》、《桜風妖精ステップル》、《ダンディ・ナスオ》
      初期投資に2マナ必要な分、1マナクリーチャーより性能が高い。
      《桜風妖精ステップル》か《ダンディ・ナスオ》でマナにドローソースが落ちる可能性を考えて、《黙示賢者ソルハバキ》はぎりぎりまで持っておきたい。
  • 《デスマッチ・ビートル》
    • 《染空の守護者エルス・エリクシオン》を添えると《蒼き団長 ドギラゴン剣》を一方的に打ち取れるパワーに。
  • 《染空の守護者エルス・エリクシオン》
    • デッキの1/3以上を占める自然の小型クリーチャーを《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》の効果対象に変えるカード。
      おまけのパワー修整も、たまに役に立つ。
  • ドローソース
    • 《ジャスト・ラビリンス》
      書いてあることはクリーチャーの数までカードを引けると同義で、2マナとは思えない破格のドロー量を誇る。タップする効果とドローする効果は独立していて、《ベイB ジャック》でマナを出すためにタップした分も引ける。
      《ベイB ジャック》からスタートして、1マナクリーチャーをばらまいてこれを唱えると、先攻2ターン目で3枚引ける。
    • 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス
      スタートカードとしては《ジャスト・ラビリンス》より安定しないものの、1マナのW・ブレイカーとなる中盤以降はこちらのほうが強い。
      《テック団の波壊Go!》や《メガ・マグマ・ドラゴン》といった小型クリーチャーを狙い撃ちするカードに引っかからない貴重な存在。
  • フィニッシュパーツ
    • 《呪紋のカルマ インカ》、《音精 ラフルル》
      クリーチャーと呪文を封じて一斉攻撃する。2マナの光のクリーチャーという点で《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》の方がデッキに合っているのだが、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を超えるためには《音精 ラフルル》が必要。

《ベイB ジャック》と《桜風妖精ステップル》の組み合わせを見るとどうしても別のデッキを連想してしまい、それと比較して特別優位な点もないのが良くない。