読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クイタラン

ポケモン-WCS2011 ポケモン-個別考察 雑記

アイアントの天敵という設定に反してアイアントストーンエッジで倒される。
しかしアイアントの採用率はさほど高くないのであまり気にしなくていいだろう。


特性が貰い火なのでシャンデラの炎技を受けながら不意打ちで縛りに行くという立ち回りが可能である。
攻撃最大のジュエル不意打ちでH4振りシャンデラを1発で倒せるという狙ったような攻撃種族値を持つ。


寝言の技マシンは消えたが、遺伝技に寝言がある。
炎タイプのくせにオーバーヒートを覚えないというとんでもポケモンだが、一応ジュエル大文字で特防特化のモロバレルを倒せる。
キノコの胞子をうけつつ、寝言からの大文字でモロバレルを倒せる。
ジュエル大文字は臆病サザンドラの流星耐え程度の相手なら1発で倒せる威力。


同様に技マシンで消えた技に横取りがある。
追い風や身代わりを奪えればかなりのアドバンテージを得られる。不意打ち回避の補助技を逆手に取れる技。
追い風と身代わりの採用率も低くはない。


いかんせん攻撃技が乏しいのだが、気合玉が使えるのでサザンドラテラキオンへの攻撃手段は確保できる。
無振りのサザンドラテラキオン程度なら1.2倍強化アイテムで1発。


防御と特防に加えて素早さが低く、耐久に不安が残る。
それでもHPが高めなので無振りでもテラキオンの岩雪崩ならぎりぎり耐えることが可能。最初のシャンデラと同じく狙ったような種族値である。
攻撃と特攻の両方に努力が欲しいので、きあいのタスキを持つことも視野に入る。


道具を使えば1発で倒せる相手は意外と多く、悪のジュエルと炎のジュエルと格闘ジュエルと気合のタスキを持つことが出来ればそれなりに強力なポケモンである。

コメントレス

  • プルーンさん
    • 炭にする前に食べると図鑑に書いてあった気がします。