禁断マッドネス


《禁断〜解放せしX〜》は、先代の2枚の鼓動と違ってゲーム序盤にプレイできる保証がないので、後半に引いても禁断開放を狙えるデッキで使いたい。
というわけで、大量に火のコマンドを展開できるマッドネスと組み合わせることにした。マッドネス視点で見ても、手札を全て失った後に詰めのカードを用意できるという点が高相性。

《スーパー・サイチェン・ピッピー》もしくは《サイチェン・ピッピー》を合計3枚以上捨てて《超時空ストームG・XX》を出し、返しのターンに禁断開放で《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》を出しつつ総攻撃が理想。

3 x 禁断〜解放せしX〜
2 x H・センボン
1 x トツゲキ戦車 バクゲットー
4 x T・T・T
4 x 「伝説のサイバーパワー!」
1 x サイバー・ブレイン
4 x スーパー・サイチェン・ピッピー
4 x サイチェン・ピッピー
4 x 霊騎秘宝ヒャックメー
4 x 斬隠蒼頭龍バイケン
2 x 闇鎧亜クイーン・アルカディアス
4 x イルフィン・ザ・シルバー/メラメラ・チェイン
3 x チョウハツ・チュリス/ロンゲスト・ウェイ

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
3 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX

構築スキルが足りなくて《「ちくしょおおおおおおっー!!」》が手に負えず、攻撃強要カード+S・トリガーという古風な構成なった。
S・トリガーを使う機会を与えてくれない相手には投了。

  • 《禁断〜解放せしX〜》
    • デッキコンセプト。2枚目以降は不要で、デッキを掘るカードが多く入っているので3枚。ゲームスピードの速い相手に《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》が欲しいことはあまりないので、序盤に絶対プレイしたいカードというわけではない。
      相手の《とこしえの超人》と友情コンボでキャントリップ6マナブーストというスーパーカードに化けるものの、このデッキだとコンボが成立しても勝てるわけではない。
      シールド以外の全てから出せるような雰囲気を醸しているが、実は手札から出せない。
  • 《H・センボン》
    • この類の効果を採用しておかないと、手札を捨てるS・トリガーの採用枚数によって勝率の上限が決まってしまう。マナベースの都合で水が良く、他の類似カードと違ってシールドが0枚の状態でも追加できる点を評価。
  • 《T・T・T》
    • このカードのために無理やり光を足した。大量のマッドネスを抱えるには《エナジー・Re:ライト》では物足りなかった。
  • 《斬隠蒼頭龍バイケン》
    • S・トリガーを踏ませて《超時空ストームG・XX》を立てたけどそのまま撲殺されました、では話にならない。《とこしえの超人》、《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などのメタクリーチャーを除去するという役割も大きい。
  • 《チョウハツ・チュリス/ロンゲスト・ウェイ》
    • 攻撃強要カード。クリーチャーがついている必要はなくて《強制突撃》の効果だけ欲しいのだが、《強制突撃》だと《アルカディアス・モモキング》や《聖魔連結王 ドルファディロム》に無力で、大量にクリーチャーを並べられて突破されてしまう。
      おまけで付いている呪文は火力が低く、他のS・トリガーと一緒に踏ませてメタクリーチャーを消せればラッキー程度。
  • 《勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》、《ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン》
    • 3枚目を出せるときは《超時空ストームG・XX》を出せるので、W・ブレイカーが重要になるのは2枚まで。残りの枠は《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を除去されたときに再構成できるように、《勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》で埋めた。
      また、《勝利のガイアール・カイザー》は《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》の進化元も兼ねている。

水闇火自然モモキングダム退化

f:id:metagross-armor:20210905092730p:plain
前回の記事のリストをアップデートしたもの。
シールドを割られたら4ターン、割られなければ5ターンという想定。

4 x 怒りの影ブラック・フェザー
1 x アクア忍者 ライヤ
1 x 雪溶の鎖/堕牛の一撃
4 x 禁断英雄 モモキングダムX
3 x 天災 デドダム
3 x ディメンジョン・ゲート
4 x 五郎丸コミュニケーション
4 x 瞬閃と疾駆と双撃の決断
4 x 時空工兵タイムチェンジャー
1 x 一王二命三眼槍
4 x ドンドン火噴くナウ
3 x 究極銀河ユニバース
1 x 大樹王 ギガンディダノス
3 x 破壊龍神ヘヴィ・デス・メタルGS
  • 退化用カード
    • アルカディアス・モモキング》に干渉されないクリーチャー、4マナのとき《時空工兵タイムチェンジャー》とセットで動きやすい《怒りの影ブラック・フェザー》を優先。
      《ディメンジョン・ゲート》でサーチできる《キャンベロ〈レッゾ.Star》をかわせるカードとして、《雪溶の鎖/堕牛の一撃》は1枚欲しい。
      《アクア忍者 ライヤ》は、サーチカードを使った後に闇マナが残らないときの選択肢として。基本的に《禁断英雄 モモキングダムX》は手札に戻ろうが墓地にいこうが関係ないのだが、やむを得ず《大樹王 ギガンディダノス》を出したり、6枚ため込むために《時空工兵タイムチェンジャー》を使いまわしたりする場合に、破壊と手札に戻すの差が出る。
  • 《天災 デドダム》
    • 土地。《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で《禁断英雄 モモキングダムX》と一緒に出すこともある。都合よく3ターン目に出せると、サーチカードの使い勝手がよくなって嬉しい。
      《学校男》をかわしたり、《堕牛の一撃》でドローに変換したり、出した後も一応仕事がある。
  • サーチカード
    • 自然を採用して4色にする理由。かさばったときに土地として弱いのが気になって、1枚減らした。
      マキシマムザ亮君(暴天覚醒MAXIMUM神羅曼象)》の存在があるので、削るなら《ディメンジョン・ゲート》から。
  • 《一王二命三眼槍》
    • S・トリガーのサーチカードを受けに変換できるカード。ミラーマッチでは最優先で持ってくる。
  • 《ドンドン火噴くナウ》
    • 土地。コンボパーツを探しながらマナを伸ばせる受けトリガーというのがビートダウンに強い。ただ、コストの低いカードが多いので火力は少し心許ない。
  • 《大樹王 ギガンディダノス》
    • 《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》、《その子供、可憐につき》、《奇天烈 シャッフ》、ブロッカーを擁する「鬼羅.Star 」にまるで勝てなかったため、攻撃できなくてもタップしていても退化さえ成立すれば詰ませられるカードを採用した。
      他、《究極銀河ユニバース》を封じることもできる。

オリジナルの環境が固定化された感があるので、高速ビートダウンを割り切って、4ターン目の成立を積極的に狙ったリスト(水闇火)の方が良さそう。(「5色コントロール」にも「ジョー星」にもS・トリガーの意味がないため。)

「シータ閃」

雑に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》で突っ込んでくれる方が勝ちやすい。(《アルカディアス・モモキング》が横に並ばなければ。)極端な話、先行3ターン目に飛び込まれても《ドンドン火噴くナウ》が絡むと4マナに伸びてカウンターできる。
アルカディアス・モモキング》と《奇天烈 シャッフ》のいずれか一方なら抜け道はあるのだが、同時に並ぶと相当厳しい。6枚にしてリセットするか、《大樹王 ギガンディダノス》ないし《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタルGS》でお祈り。

「5色コントロール

《ロスト・ソウル》を受けるのと《時空工兵タイムチェンジャー》を出すのとどちらが速いかというゲーム。おおよそこちらの方が速い。
退化用カードは実質10枚以上あるので、《時空工兵タイムチェンジャー》まで行けば手札を全て失っても十分勝機がある。

「ジョー星」

相手のコンボより必要カードの枚数が1枚多いので、相手を上回る運が必要。最速ルートを狙った《希望のジョー星》でタップインが解消されて4キル、ということがたまにある。

水火アポロヌス・ドラゲリオン


《魔の革命 デス・ザ・ロスト》の革命能力がわずか0マナ。

サイドカラーは《禁断英雄 モモキングダムX》の闇と《進化設計図》の自然も考えたが、他のカードがいまいちで見送り。
ドローを進めて《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》とメテオバーンのためのカードをかき集める構成にした。

4 x Re:奪取 マイパッド
4 x 異端流し オニカマス
4 x 海郷翔天マイギア
4 x ネ申・マニフェスト
4 x ウェイボール〈バイロン.Star〉
4 x ドープ〈フレイムバーン.Star〉
4 x ドツキ万次郎〈GENJI.Star〉
4 x マノミ〈ポセイドン.Star〉
4 x キャンベロ〈レッゾ.Star〉
4 x 超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン

デッキの動きは単純。2ターン目に進化元を召喚、3ターン目に進化してドロー、4ターン目にさらに進化して《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》に侵略。メテオバーンで相手のシールドを吹き飛ばす。
f:id:metagross-armor:20211008001845p:plain

  • 2ターン目の進化元
    • 《マノミ〈ポセイドン.Star〉》のために軽減付きクリーチャーを2種類採用。《異端流し オニカマス》は、選ばれない能力のおかげで《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》の横にいると安心感がある。
      《海郷翔天マイギア》は次のターンに侵略元を出せるようになるので、2枚同時侵略による3キルも一応可能。
  • 3ターン目の進化クリーチャー
    • 《ウェイボール〈バイロン.Star〉》、《マノミ〈ポセイドン.Star〉》
      手札を減らさない進化クリーチャー。
  • 4ターン目の進化クリーチャー
    • 《ドープ〈フレイムバーン.Star〉》、《ドツキ万次郎〈GENJI.Star〉》
      4コストで侵略元になるレクスターズはこの2種類のみ。前者は《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》を除去できる4000火力、後者はダイレクトアタックを通すためのブロッカー除去と、どちらもデッキにかみ合った能力。
  • 《ネ申・マニフェスト
    • コンボパーツを集められるレクスターズというだけでも十分だが、それに加えてシンカパワーが強力。《キャンベロ〈レッゾ.Star〉》か2枚目以降の《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》と組み合わせることで、進化した直後に《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》のメテオバーンを発動できる。
      選ばれない、ブロックされない《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》を止める方法はかなり限られる。
  • 《キャンベロ〈レッゾ.Star〉》
    • メテオバーン用のかさましカード。メテオバーンを発動してもなおカードを余せる場合、一番上をこのカードにして除去耐性を与えるという使い方もできる。《S・S・S》が都合よく当たってアンタップすることがあるかもしれない。
      クリーチャーの制限効果はおまけだが、対抗馬の《富士山ン〈ジャック.Star〉 》が弱いためこちらを。《ベイB セガーレ》、《希望のジョー星》などの致命的なカードを除去できるものの、自身のコストが5と重くて手遅れ感が否めない。

《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》が走れずに負けるのはともかく、走って負けるパターンがそれなりにあるのが辛いところ。

動画を作ろう


特に何かに必要というわけではないけれど、動画を作れると嬉しいという話が度々あった。
もうブログの時代は終わり!これからは動画をバリバリ作っていくぞ! というわけではないため、ひとまず無料で使えるソフトを使用して練習。
Lightworks - LWKS - Video Editing Software

前回の記事を動画にしてみた。
youtu.be

モモキングダム退化


デッキ内に進化ではないレクスターズクリーチャーがないときに《禁断英雄 モモキングダムX》を出すと、進化元の無いスター進化クリーチャーを用意できることを利用したデッキ。
《時空工兵タイムチェンジャー》で《究極銀河ユニバース》を含む2枚のフェニックスを下に置いたのち、適当な除去で《禁断英雄 モモキングダムX》を剥がすと、《究極銀河ユニバース》のメテオバーン1回でエクストラウィンとなる。

2 x 怒りの影ブラック・フェザー
4 x 禁断英雄 モモキングダムX
4 x 雪溶の鎖/堕牛の一撃
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 時空工兵タイムチェンジャー
4 x 瞬閃と疾駆と双撃の決断
4 x 五郎丸コミュニケーション
4 x ディメンジョン・ゲート
3 x 究極銀河ユニバース
4 x ドンドン火噴くナウ
3 x 破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS

エクストラウィンは、最速3ターン、引きが良ければ4ターン、遅くても5ターン目にはだいたい……という感じ。
3ターンルート:《禁断英雄 モモキングダムX》→《瞬閃と疾駆と双撃の決断》+《時空工兵タイムチェンジャー》+《怒りの影ブラック・フェザー》。
4ターンルート:3ターン目までに《禁断英雄 モモキングダムX》→《時空工兵タイムチェンジャー》+除去。もしくは、4ターン目に《瞬閃と疾駆と双撃の決断》を使って2体出し+除去など。
5ターンルート:サーチ呪文→《禁断英雄 モモキングダムX》→《時空工兵タイムチェンジャー》+除去。

  • 《堕牛の一撃》、《怒りの影ブラック・フェザー》
    • 除去カード。呪文は3キルに寄与しない上に相手からの妨害を受けやすいため、クリーチャーの方が嬉しい。が、文明の都合で《堕牛の一撃》が優先された。闇以外の1コストには、《アクア忍者 ライヤ》、《バッドドッグ・マニアクス》、《ガイアズ・ソング》などのカードがある。
      《学校男》や《「世界をつなぐ柱」の天罰》のような相手のクリーチャーに干渉するカードは、《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》、《聖魔連結王 ドルファディロム》など一部のクリーチャーの能力を誘発させる可能性があり、コンボパーツとしてはワンランク下の評価。
  • 《終末の時計 ザ・クロック》
    • コンボパーツが揃っていれば4マナから1ターンで勝てる可能性があるため、確実にしのげるカードを採用。
      《禁断英雄 モモキングダムX》を出した際に山札のカードは全て公開される。採用枚数を3枚に留めれば4枚目が公開領域に現れることがなくなり、《終末の時計 ザ・クロック》がシールドにあるアピールができる。中途半端に刻んでくれて嬉しいことがある……かもしれない。
  • 《五郎丸コミュニケーション》、《ディメンジョン・ゲート》
    • 《瞬閃と疾駆と双撃の決断》以外の全てのコンボパーツを探せるカード。4ターン目以降だとテンポが悪いため、3ターン目に使えるように最大枚数。
      S・トリガーで《禁断英雄 モモキングダムX》を直接バトルゾーンに送り込める《ベイビー・バース》もあるが、《時空工兵タイムチェンジャー》に触れないことと4コストであることから今回は見送り。S・トリガーで巻き返す必要性がよほど高くなればあるいは。
  • 《瞬閃と疾駆と双撃の決断》
    • サーチカードを使用した遅れを取り戻すためのカード。水、闇のどちらかがマナゾーンになくてもコンボを決められる点が、マナベースが不安なこのデッキにはうれしい。
  • 《ドンドン火噴くナウ》
    • 土地。除去としてみると、《奇天烈 シャッフ》の5宣言で《究極銀河ユニバース》と同時に止められる点がマイナス。
  • 《究極銀河ユニバース》、《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》
    • 山札25枚(シールド5枚、手札5枚、ドロー5枚の残り)の中に《究極銀河ユニバース》を含む2枚のフェニックスが残る確率Pは表の通り。
      実質無色の枚数を抑えたくて、総数6枚で《究極銀河ユニバース》3枚のパターンに。「こごえるかぜ」が外れたら諦める。
      《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》はG・ストライクだけでなく、《奇天烈 シャッフ》の5宣言もしくは《究極銀河ユニバース》が行方不明になった際にワールド・ブレイクでワンチャンス生み出せるのもメリット。
      他のフェニックスの候補は、マナ基盤として優秀な《双流星キリン・レガシー》。
《究極銀河ユニバース》の枚数 その他のフェニックスの枚数 P(%)
4 0 86.1
4 1 94.4
4 2 97.2
3 1 78.2
3 2 92.3
3 3 94.4

無色込みの均等4色デッキなので、多色カードを使ってマナベースを安定させたい。一方で、《禁断英雄 モモキングダムX》、《 ディメンジョン・ゲート》、《時空工兵タイムチェンジャー》+《堕牛の一撃》のようにマナ使いきりの動きがあるため多色の枚数は抑えたいジレンマ。
ドローだけで4枚ずつのコンボパーツを早期に揃えるのは難しく、サブプランの無いこのデッキを自然抜きの3色でまとめるのはあまり気がすすまない。また、単純なドローでデッキを掘り進めると、山のフェニックスが減るという問題がある。


進化元を定義していない進化クリーチャーは初登場。進化クリーチャーの基本ルールに反していることを理由に、リリースに際してテキストが修正されたら解散。

801.1a 適正な進化元がなければ進化クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできません。

このままリリースされることに期待。

101.1. カードの効果はルールに勝つ
カードの文章がルールに直接矛盾しているときは、カードの記述が優先されます。(カードはその特定の状況に適用されるルールだけを無視します。)

ルールを無視して、進化元のクリーチャー無しでバトルゾーンに出せるクリーチャーは、既に存在する。

Q
《超神龍バリアント・バデス》のマナ進化GVによると、「 自然のクリーチャーを3体まで自分のマナゾーンから選び」とあります。「3体まで」ということは、「0体」つまり何も進化元を持たずにこのクリーチャーをバトルゾーンで進化させることができる、ということですか?
A
そうです。「3体まで」ということは、「0体」を含め、「1体」「2体」「3体」の中から選べるということです。ですから、《超神龍バリアント・バデス》は進化元なしで出せるはじめての進化獣、ということになります。ただし、このクリーチャーのパワーは「このクリーチャーの下に重ねたカードの合計のパワー」なので、進化元なしで進化させた場合パワーは0、場に出た瞬間破壊されてしまいます。

過去のよくある質問