闇火鬼タイム

令和の革命0トリガー

《百鬼の邪王門》で出してすごそうなカードを探していたら、

令和の革命0

こんなカードが。

  • 《バサラ》のここがすごい。
    • パワーが高くてバトルに勝ちやすい。
    • 《百鬼の邪王門》のバトル効果を意識してパワーの大きいクリーチャーを残したとき、裏目になる。
    • スピードアタッカーなので、自分のターンに《百鬼の邪王門》から出して即座に攻撃できる。
    • (革命0が発動していれば)《終わりの天魔龍 ファイナル・ジ・エンド》をまとめて除去できる。


4 x 福腹人形コダマンマ
4 x 斬斬人形コダマンマ
4 x 花美師ハナコ
4 x 「大蛇」の鬼 ジャドク丸
4 x キズグイ変怪
4 x 「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏
4 x 「貪」の鬼 バクロ法師
4 x デュアルショック・ドラゴン
4 x バサラ
4 x 百鬼の邪王門

鬼札王国の襲来により能動的に自分のシールドを減らせるカードが多数出たことで、侵略ZEROと革命0を同時に発動させやすくなった。
《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》もしくは《「貪」の鬼 バクロ法師》を軸に、4ターンキルを目指す。

  • 《斬斬人形コダマンマ》、《福腹人形コダマンマ》、《花美師ハナコ
    • スタートカード。引けないとキルターンが1ターン遅れるため、最大枚数採用。
  • 《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》
    • 大型新人。2ターン目にクリーチャーを出せていれば、4ターン目に動かすのは容易。
      シールドの回収も攻撃できるのも次のターンで、即座に除去されたときの損失が大きいのが欠点。
  • 《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》
    • 3ターン目に出して殴り返しを防いだり、《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》のQ・ブレイクを通すためにブロッカーをどけたりと便利なカード。
      《百鬼の邪王門》で2面止められる可能性がある。
  • 《キズグイ変怪》
    • 3ターン目に出して《「貪」の鬼 バクロ法師》に繋ぐ、4ターン目に出して《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》を動かす、のどちらもこなせる。
      鬼タイムが発動すると、攻撃時に自分のシールドを減らせなくなる(《百鬼の邪王門》の発動条件を補助できない)のはデメリット。4ターン目に《「貪」の鬼 バクロ法師》を出しても、シールドが1枚残ってしまう。
  • 《「貪」の鬼 バクロ法師》
    • 《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》のような除去のリスクがないため、4ターンキルのパーツとしてはこちらの方が扱いやすい。
  • 《百鬼の邪王門》
    • コンセプトカード。スピードアタッカーが12枚で、自分のターンに唱えた場合に追加打点を作れるか少し怪しい(79%)。もう1種類(4枚)入れると89%。
  • デュアルショック・ドラゴン》
    • 0マナの追加打点。
      シールドを減らした時に追加で1枚減らせるのも重要で、革命0と鬼エンドの発動を狙いやすくなる。分かりやすいのは、2マナ域と3マナ域で2枚減らし、《龍覇龍 デッドマン=ザ=オリジン》のW・ブレイクに合わせて侵略ZEROと革命0達成。

《バサラ》と一緒に思いついて、採用を見送ったカード。

S・トリガー書き忘れてない?

2~3ターン目で《デュアルショック・ドラゴン》が絡めば一応4ターン目に発動するが、《デュアルショック・ドラゴン》を出している状態で欲しいのは除去ではなく追加打点の場合が多い。

光水闇自然オシオキムーン

全自動オシオキムーン

《No Data》を使えば、毎ターンただでオシオキできる(冤罪)。

1 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ
4 x 悪魔妖精ベラドンナ
4 x フェアリー・ライフ
4 x 天災 デドダム
4 x 月の魔法ツカイ
4 x No Data
4 x 偽りの月を盗むファントム
4 x 解罪 ジェ霊ニー
4 x 絶望と反魂と滅殺の決断
4 x 生命と大地と轟破の決断

2 x クリスマⅢ
2 x カット 丙‐二式
2 x ポクタマたま
2 x ソゲキ 丙-一式
2 x オーマ 丙-二式
2 x 全能ゼンノー

ハンデスで相手の動きを止めて、オシオキムーンと《No Data》で固めるのがコンセプト。

  • 《フェアリー・ライフ》、《悪魔妖精ベラドンナ
  • 《天災 デドダム》
    • 水が8枚しかないため、中盤以降のリソースカード扱い。うっかり3ターン目に出ると強い。カードを墓地とマナに振り分ける効果が、単純に決断2種類と相性が良い。
  • 《解罪 ジェ霊ニー》
  • 《月の魔法ツカイ》
    • 決断2種類に対応した除去。光はこのカードのみで、マナを支払って出すことはあまりない。2体同時に出せば破壊効果が4回発動し、相手のクリーチャーを大きく減らせる。
  • 《No Data》
    • コンセプトカード。ターンの終わりに手札があれば、オシオキムーンを1回使える。自分のシールドを減らす《月と破壊と魔王と天使》と違い、自分のシールドが0枚の状態でも問題ないのが強み。
      S・トリガーが《フェアリー・ライフ》しかないのが少し悲しい。シールドに任意のカードを置ける恩恵が、《月の魔法ツカイ》で墓地に落とすカードを選べることしかない。
      追加ドローが強制なのはデメリット。単体除去S・トリガーをかわすために並べすぎると山札が危ない。
  • 《偽りの月を盗むファントム》
    • 単体だと出したターンに何もしないため、《生命と大地と轟破の決断》とセットで使うのが基本。9マナで《月の魔法ツカイ》とセットで召喚することがまれにある。
  • 《生命と大地と轟破の決断》
    • 5マナ2ハンデス1種類目。《偽りの月を盗むファントム》と《月の魔法ツカイ》もしくは《No Data》を同時に出して、即座にオシオキムーンを発動させる。
  • 《絶望と反魂と滅殺の決断》
    • 5マナ2ハンデス2種類目。マナに依存せず、ただこれが1枚あれば良い。お手軽。
  • 《霞み妖精ジャスミン》、《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》
    • 自由枠。マナ基盤の都合で、自然単色が望ましい。

《No Data》と《偽りの月を盗むファントム》がそろえばブレイクしたシールドをハンデスできるため、相手にリソースを与えないまま殴り切れる。ただ、カード枚数が減らない除去S・トリガーには弱い。
《月と破壊と魔王と天使》を採用すると、《偽りの月を盗むファントム》と《月の魔法ツカイ》の効果を待機させた状態でシールドをブレイクできるようになり、より確実性が増す。

《天災 デドダム》と2種類の決断のカードパワーに頼っている感がなくはない。

光自然∞龍

f:id:metagross-armor:20200917203131p:plain
ブロッカー踏み倒し

ムゲンクライムを見なかったことにして、《天門ノ裁キ》で《∞龍 ゲンムエンペラー》を出すデッキ。

4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
4 x ライフプラン・チャージャー
4 x ハロウィンズ・カーニバル
4 x 天門ノ裁キ
4 x サッヴァークDG
2 x 闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ
2 x イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ
4 x 煌龍 サッヴァーク
4 x 断罪スル雷面ノ裁キ
4 x ∞龍 ゲンムエンペラー

マナブーストを連打して6マナを目指すシンプルな構成に。《サッヴァークDG》で《天門ノ裁キ》と《∞龍 ゲンムエンペラー》を引き込む。

  • 《フェアリー・ライフ》、《ピクシー・ライフ》、《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》
  • 《ライフプラン・チャージャー》
    • コンボパーツ3種類のうち《天門ノ裁キ》を持ってこられないが、《サッヴァークDG》が実質《天門ノ裁キ》なのでセーフ(?)。
  • 《ハロウィンズ・カーニバル》
    • 手札にコンボパーツを抱えたまま6マナ域に到達するのが理想なので、手札の総数が減らないマナブーストは重要。
  • 《煌龍 サッヴァーク》、《断罪スル雷面ノ裁キ》
    • 《サッヴァークDG》のサブプラン。《∞龍 ゲンムエンペラー》に耐性を与えられること、《∞龍 ゲンムエンペラー》の効果範囲外であるドラグハートやフィールドなどに触れることを評価。3枚コンボになるが、盤面を一気に3体除去できるのも良い。
      《サッヴァークDG》と《∞龍 ゲンムエンペラー》だけで致死打点が成立していて、次のターンに《煌龍 サッヴァーク》を添えると除去S・トリガー1枚を避けながら殴り切れる。(《天門ノ裁キ》が残っていれば。)
  • 《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》
    • 自由枠。攻撃時に回収した裁きの紋章を、即座に《サッヴァークDG》で使用できる。

《天門ノ裁キ》と《サッヴァークDG》で踏み倒すカードはそれぞれ1種類ずつ。追加で踏み倒せるクリーチャーを採用することも考えたが、《∞龍 ゲンムエンペラー》ないし《煌龍 サッヴァーク》と同等のインパクトがある(踏み倒すためにカードを使いたい)と思えるカードがなかった。

除去S・トリガーがない上に相手に干渉できるアクションが6マナなので、早期に攻め込まれると厳しい。

メテヲフレア

《「祝え!この物語の終幕を!」》の登場によって、《DOOOPPLER・マクーレ》の早出しを可能にするカードが8枚使えるようになった。
ので、《DOOOPPLER・マクーレ》を核にしたデッキを組んだ。(語感を重視した結果、デッキ名には入らなかった。)

4 x 海底鬼面城
4 x 終末の時計 ザ・クロック
3 x MANGANO-CASTLE!
2 x 三・騎・繚・乱
4 x ”必駆”蛮触礼亞
4 x 「祝え!この物語の終幕を!」
3 x 「蒼刀の輝将」
4 x メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ
4 x DOOOPPLER・マクーレ
4 x ジョリー・ザ・ジョルネード
4 x 勝利龍装 クラッシュ”覇道”

2 x マシンガントーク
2 x ポクタマたま
2 x 全能ゼンノー
2 x ドドド・ドーピードープ
2 x 鋼ド級 ダテンクウェールB
2 x グッドルッキン・ブラボー

《「祝え!この物語の終幕を!」》と《DOOOPPLER・マクーレ》で出すカードには、《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》と《ジョリー・ザ・ジョルネード》を採用。《”必駆”蛮触礼亞》から《DOOOPPLER・マクーレ》を出すだけで6打点揃えるのはほぼ無理なので、後続の確保を意識。
《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》はスピードアタッカー、T・ブレイカー、3枚ドロー、ブロックされない、限定的なクリーチャー封じの全てが攻めるデッキと噛み合っている。派手な外見とは裏腹に堅実なカード。
《ジョリー・ザ・ジョルネード》は《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》ほどの火力はないが、自身含めてクリーチャーを一気に4体並べられる点を評価。手札補充カードがなくとも、3ターン目の《DOOOPPLER・マクーレ》から強引に押し切れる可能性がある。

《”必駆”蛮触礼亞》の定番、《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》も採用。予め小型クリーチャーをばらまける構築ではないので、あくまでもサブプラン。《「蒼刀の輝将」》が着地できると、《MANGANO-CASTLE!》1枚を追加して6打点に届く。

《「祝え!この物語の終幕を!」》を4コストで使うには、《海底鬼面城》と《三・騎・繚・乱》あるいは《「蒼刀の輝将」》で4ターン目に都合よく引く必要がある。が、4ターン目に是が非でも《「祝え!この物語の終幕を!」》を使いたいというデッキではないため、《ブレイン・ストーム》と《ロスト・ウォーターゲイト》は不採用。

《DOOOPPLER・マクーレ》から《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》に繋いでシールドを全て割り、次のターンに《MANGANO-CASTLE!》が分かりやすいルート。
それ以外はマジ・ボンバーとGRの出目次第で臨機応変に。

お前の相手はバーンメア

《「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」》で《邪帝斧 ボアロアックス》を装備したら、実質《マリゴルドⅢ》なのでは?

実質マリゴルド

適当なクリーチャーに《邪帝斧 ボアロアックス》を装備し、《グレープ・ダール》を出してJチェンジ。さらに、適当なクリーチャーを動かすとマナに行った《グレープ・ダール》を再び送り出せる。
……って#今日のしゃばデッキで見た。

4 x 爆龍覇 リンクウッド/「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」
4 x ジョラゴン・オーバーロード
4 x フェアリー・ライフ
2 x 超GR・チャージャー
4 x シロイヌムサシ
2 x 生命と大地と轟破の決断
3 x ホアート・サケビーJr.
4 x グレープ・ダール
2 x エモG
4 x バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ
4 x ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート
3 x 勝熱英雄 モモキング

2 x ジェイ-SHOCKER
2 x ポクタマたま
2 x 無限合体 ダンダルダBB
2 x せんすいカンちゃん
2 x 全能ゼンノー
2 x The ジョギラゴン・アバレガン

1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 熱血爪 メリケン・バルク/熱決決闘場 バルク・アリーナ/熱血龍 バリキレ・メカマッチョ
1 x 始まりの龍装具 ビギニング・スタート/終わりの天魔龍 ファイナル・ジ・エンド
1 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 将龍剣 ガイアール/猛烈将龍 ガイバーン
2 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
1 x 銀河剣 プロトハート/星龍解 ガイギンガ・ソウル
  • 2マナブースト
    • クリーチャーにするとミラーマッチで的になるのが嫌なのと、3ターン目に《グレープ・ダール》を出しても的がいないのとで、2マナブーストはクリーチャーが残らないものに。
  • 《超GR・チャージャー》
    • 9枚目以降のマナブーストが欲しい、ドラグハートを装備するためのクリーチャーが欲しいという欲望の塊。ミラーマッチで的を作りたくないという話は?
  • 《シロイヌムサシ》
    • ドラグハートを装備するために出すクリーチャー。《爆龍覇 リンクウッド/「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」》を引けていなくても、次のターンへの繋ぎとして十分な仕事をする。
  • 《勝熱英雄 モモキング》
    • 《シロイヌムサシ》から繋げて簡単に勝ちたい。
      《邪帝斧 ボアロアックス》と《グレープ・ダール》でがちゃがちゃしていると、展開の過程で6マナ浮くことがある。
  • 超次元ゾーン
    • 《銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ》と《邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス》以外のドラグハートはほぼ使わない。

《「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」》の4コストが絶妙。
《シロイヌムサシ》につけるとき、5マナ目をタップインしながら(《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》をマナに置きながら)《グレープ・ダール》を出せる。
また、《無限合体 ダンダルダBB》で唱えるとき、4コストのジョーカーズ(GRクリーチャー)を1体戻すだけで賄える。

《グレープ・ダール》、《ホアート・サケビーJr.》ともに相手にクリーチャーがいてこそのカードで、相手にクリーチャーがいないと《邪帝斧 ボアロアックス》から出すカードがあまり強くない。リソースを伸ばせるクリーチャーを出せると嬉しいものの、その類のカードは凡そ多色(≒水マナ要求)なので採用に至らず。単色だと《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》程度か。
他に、シノビに親を殺されている場合は《呪紋のカルマ インカ》が候補にあがる。