読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SECE、クリフォートで使えそうなカード

遊戯王-その他

レア以下に収まっていて嬉しい。

  • 《クリフォート・アセンブラ
    • 2種類目の通常モンスターであるクリフォート。《召喚師のスキル》が腐りにくくなった。
      特殊召喚しても攻撃力とランクが変化せず、《クリフォート・ディスク》からこれ2枚を呼び出せば7600打点となり、スケール1があれば8000を超える。
      スケールに置いた時の効果は、《超再生能力》に比べて発動条件がかなり厳しめ。ある程度戦えている状況でないと発動できず、タイミングが遅いため、ドロー効果でありながら劣勢からの巻き返しは期待できない。
  • 《クリフォート・アクセス》
    • 《クリフォート・ツール》、《スキルドレイン》で命を削りながら戦うクリフォートに回復効果は嬉しい。しかし、最上級モンスターとなると《クリフォート・ディスク》、《クリフォート・エイリアス》と出番を争うことになり、少し厳しいものがある。
      一応、単純な回復ではなくドレインという形なので、相手にもダメージを与えられるが、《クリフォート・ディスク》や《クリフォート・シェル》以上の追加ダメージが見込める場面は少ない。
      回復効果は、スケールに置いておくと毎ターン回復みたいなのがよかったな……
  • 《クリフォート・エイリアス
    • アドバンス召喚成功時の効果が強烈。召喚を無効にされなければ、妨害を許さずにカードを1枚排除できる。《クリフォート・ゲノム》、《クリフォート・アーカイブ》が絡むと破壊力が増す。
      自分のカードも戻せるので、《クリフォート・ツール》をはりなおしたり《虚無空間》をどけたりできる。
      ミラーマッチにおいて、《帝王の烈旋》で相手の《機殻の生贄》付きのモンスターをさくって出すと宇宙。
  • 《アポクリフォート・カーネル
  • 《ドラゴンダウザー》
    • 《クリフォート・ゲノム》か《クリフォート・アーカイブ》をリクルートして次のターンにアドバンス召喚。動きがあまりにも前時代的。
  • 《フロント・オブザーバー》
    • 《クリフォート・ツール》をサーチする札が増えた。しかし、総じて《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の方が優秀。せめて、即座に手札に加えられたら良かったのだが。
      今後、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の範囲外で、優秀なサーチ対象が増えれば投入を検討できる。
  • 《帝王の深怨》
    • 4枚目以降の《帝王の烈旋》……そんなに要らないか。現状だと、他には《帝王の轟毅》、《連撃の帝王》あたり。現状だと、とは書いたものの、このカテゴリはこれで終わりのような気がする。
  • 《機殻の再星》
    • 《スキルドレイン》もどき。召喚が成立した時、任意誘発より先に強制誘発のこのカードがチェーンにのるため、召喚成功時の効果はほとんど素通りするというザルカード。
      裏から表にした時は任意誘発も止められるので、《クリフォート・ツール》のサーチ先として入れておく価値はありそう。
      永続効果、起動効果は問題なく妨害でき、通常召喚したクリフォートのリセットにも使える。
      おまけのようについている除外効果のおかげで、エクストラデッキから出した《クリフォート・ツール》を《クリフォート・アーカイブ》で回収できなくなったり、《クリフォート・ディスク》で持ってきた《クリフォート・アクセス》が除外されてしまったりするのが玉に瑕。
  • 《連成する振動》
    • P召喚で出すモンスターは、エクストラデッキにいても手札にいてもほぼ変わらないので、このカード経由で手札をエクストラデッキに置くと1枚分のアドバンテージを得られる。
      その他、相手の《サイクロン》に合わせてドローしたり、クリフォートスケールを割って特殊召喚制限をなくしたりと便利な動きができそう。