読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決して倒れないデッキ(幻影騎士団)

遊戯王-デッキ

ユート(現実次元)が考えているのを見て、自分も触ってみた。
レベル3でまとめておけばきれいに組めたものを、レベル4の幻影騎士団を印刷した開発に驚きを隠せない。
f:id:metagross-armor:20151115181407p:plain

  • ダーク・アームド・ドラゴン
    • ユートのドラゴン。
      雑に強いという理由で採っているが、初手のこれを許容できるデッキではない気がする。
  • 《ダーク・グレファー》
    • 《終末の騎士》と違い手札の幻影騎士団を切れるので、墓地が空の状態からでも、墓地に幻影罠(《幻影騎士団ラギッドグローブ》)と《幻影騎士団フラジャイルアーマー》を揃えてランク4のX召喚ができる。
      《幻影騎士団クラックヘルム》の枠だったのだが、あまりにも効果を使った回数が少なすぎてクビにした。手札コストがない時に幻影騎士団としてカウントできないとはいえ、そのような場合にこれが《幻影騎士団クラックヘルム》だったとしても大差がない。幻影騎士団の《カゲトカゲ》のトリガーが3枚しかなくなることが、欠点と言えば欠点。
  • 《カゲトカゲ》
    • 《幻影騎士団フラジャイルアーマー》を筆頭としたレベル4のモンスターをきれいに処理できる。
      《キングレムリン》のサーチ先。
  • 《ライト・サーペント》
    • 手札から捨てると自己再生するレベル3。能力を誘発させるための《ツインツイスター》と《D・D・R》は、直接引くしかない。
      《幻影騎士団ブレイクソード》の蘇生効果を使うと、出せなくなる。《幻影騎士団ブレイクソード》経由で《キングレムリン》を作った時に引っかかる。
      《キングレムリン》のサーチ先。
  • 《ツインツイスター》
    • 墓地で発動する効果をサポートしながら、相手の妨害を排除できる。ついでに、自分の幻影罠も割れる。ハイスペックカード。