読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒赤ヘルボロフ

f:id:metagross-armor:20160101160928j:plain
《勇愛の天秤》を使ってみたくて組んだデッキ。
せっかく、青無しで手札交換カードが使えるのだから、青が入らないデッキ。そして、手札を墓地に送ることに意味があり、あわよくば暴勇達成で2ドローも狙える……となれば色は黒赤でほぼ決まり。
黒赤の墓地利用カードといえば《煉獄と魔弾の印》なので(?)、これと投げつけるクリーチャーを何枚か入れて完成。
f:id:metagross-armor:20160102195627j:plain

4 x 勇愛の天秤
4 x 特攻人形ジェニー
4 x 西部人形ザビ・バレル
4 x 解体人形ジェニー
3 x ウソと盗みのエンターテイナー
4 x 龍覇 ニンジャリバン
1 x インフェルノ・サイン
4 x 煉獄と魔弾の印
4 x メガ・マナロック・ドラゴン
4 x 極・龍覇 ヘルボロフ
4 x 凶殺皇 デス・ハンズ

1 x 悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
1 x 魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ
2 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス
  • 《勇愛の天秤》
    • 手札を捨てなくても2枚引けるため、手札がなければ2マナ2ドローになる。《エナジー・ライト》もびっくり。消耗戦で手札が無くなりやすい黒赤だと、自然な流れで起こり得る。額面通りに1枚切って2ドローでも十分。
      除去のモードは威力が低いが、一撃奪取サイクルや《停滞の影タイム・トリッパー》などを2マナで消せると考えれば悪くない。
  • 《煉獄と魔弾の印》
    • 黒と赤では難しかった、手札にきた蘇生対象を墓地に落とすという行為を、《勇愛の天秤》で簡単に行えるようになった。
      インフェルノ・サイン》と同じく、5枚目以降の《極・龍覇 ヘルボロフ》としてカウントできる。といっても、山札を墓地に送るカードは入っておらず、引かないといけないのは変わらない。
  • 《極・龍覇 ヘルボロフ》
    • カードパワーは折り紙付きで、最低限のデッキパワーを担保してくれる。
      素出ししても強く、《煉獄と魔弾の印》を経由するとさらにパワーアップ。
      《勇愛の天秤》で《龍覇 ニンジャリバン》を墓地に仕込んでおける。
  • 《メガ・マナロック・ドラゴン》
    • 《煉獄と魔弾の印》で釣るカードが《極・龍覇 ヘルボロフ》だけだと物足りないので追加枠。ただつよだから、というしょうもない理由で採用してしまった。
      赤単色で、《調和と繁栄の罠》にまとめて引っかからないのは高評価。
  • 《ウソと盗みのエンターテイナー》
    • 《極真王殿 ウェルカム・ヘル》で蘇生できる赤マナ。

《腐敗勇騎ドルマークス》や《未知なる弾丸 リュウセイ》など入れたいカードは他にもあったのだが、タップインの総数が多くなりすぎて厳しい。