読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光水ミラダンテXⅡ

DM-デッキ

f:id:metagross-armor:20160922171355j:plain
《革命龍程式 シリンダ》から《時の法皇 ミラダンテXⅡ》へと繋ぐ、100人いたら95人が考えそうなコンセプトで組んだデッキ。
《革命龍程式 シリンダ》のドロー効果によって、《時の法皇 ミラダンテXⅡ》とそれで唱える呪文を引っ張ってこれる。また、《革命龍程式 シリンダ》の革命能力は《ジャッジメント・タイム》とほぼ同等の効果で、後続をシャットアウトする《時の法皇 ミラダンテXⅡ》と相性がいい。

1 x エメラル
4 x 一撃奪取 マイパッド
4 x アクア・エボリューター
1 x ストリーミング・シェイパー
4 x 禁断W エキゾースト
4 x K・マノーミ
3 x 超次元ブルーホワイト・ホール
3 x ファイナル・ストップ
4 x 革命龍程式 シリンダ
4 x アクア・サーファー
4 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
4 x 音階の精霊龍 コルティオール

1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン

2、3ターン目にクリーチャーを展開し、4ターン目に《革命龍程式 シリンダ》を召喚するのが理想的な流れ。《時の法皇 ミラダンテXⅡ》に革命チェンジして攻め込む。

  • 《革命龍程式 シリンダ》、《時の法皇 ミラダンテXⅡ》
    • コンセプトカード。前者は引かないとゲームにならず、後者は2枚被っても強いため4枚。
  • 2マナ
    • 《一撃奪取 マイパッド》、《アクア・エボリューター》
      《革命龍程式 シリンダ》の早期召喚を狙えるコスト軽減クリーチャー。《虹彩奪取 アクロパッド》も使えるが、後半に差し引き1マナの進化元として使えること、水単色であることから《アクア・エボリューター》を優先した。
    • 《エメラル》
      追加の2マナ域。《革命龍程式 シリンダ》のために毎ターンクリーチャーを召喚しておきたい。単純なカードパワーも十分。
  • 3マナ
    • 《禁断W エキゾースト》
      出して損しないキャントリップ付きブロッカー。S・トリガー8枚でやや頼りない防御を補える。
    • 《K・マノーミ》
      軽量の除去持ちクリーチャー。出してすぐに効果を使える分、《革命龍程式 シリンダ》と同じターンに使うのが難しい。
      《精神を刻む者、ジェイス》は1ターン待つ分、《革命龍程式 シリンダ》を召喚してからアタックトリガーで除去、革命チェンジと動けるので一長一短。
  • S・トリガー
    • 《アクア・サーファー》
      《伝説の禁断 ドキンダムX》を除去できるS・トリガー。《ボルシャック・ドギラゴン》を使っての禁断解放に対するカウンターになる。
    • 《音階の精霊龍 コルティオール》
      《時の法皇 ミラダンテXⅡ》の革命チェンジ元になり、相手の《時の法皇 ミラダンテXⅡ》に封じられないカード。
  • 呪文
    • 《ストリーミング・シェイパー》
      光単色が混ざっているとは言え、平均して3枚以上を期待できるパワーカード。
    • 《超次元ブルーホワイト・ホール》
      《時の法皇 ミラダンテXⅡ》の革命チェンジで戻したS・トリガー付きクリーチャーをこれでシールドに置く動きが綺麗。
      ブロックされない効果、シールドを追加する効果、そして《勝利のプリンプリン》の効果も合わせて、1ターン差の攻防で光るカード。
      追加効果がなくなるが、《ブーストグレンオー》を出せば《制御の翼 オリオティス》を除去できるのもポイント。
    • 《ファイナル・ストップ》
      《時の法皇 ミラダンテXⅡ》の召喚制限と単純に相性が良く、突破力と拘束力が大幅に上がる。雑に使っても1ドローのおかげで損しないのが嬉しい。

攻め筋を《時の法皇 ミラダンテXⅡ》(と《ファイナル・ストップ》)に大きく依存していて、それを抜けてくるカードの突破が難しい。主要なカードだと、《ボルシャック・ドギラゴン》、《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》、《閃光の守護者ホーリー》、《音階の精霊龍 コルティオール》の4枚。《ボルシャック・ドギラゴン》は付随した禁断解放に対して《アクア・サーファー》を踏ませる、タッパー2枚は盤面の処理を優先するなどのやりようがあるが、《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》はお手上げ。
ちなみに、もう1枚の革命0トリガークリーチャー《ミラクル・ミラダンテ》は《超次元ブルーホワイト・ホール》のブロックされない効果で容易に突破できる。

同系はもちろん、《スクランブル・チェンジ》絡みの展開と《革命龍程式 シリンダ》がどちらも4ターン目で、先攻後攻の差が大きい。《制御の翼 オリオティス》を使える文明ではあるが、《革命龍程式 シリンダ》と噛み合わないのが惜しい。