水闇ドルマゲドン

f:id:metagross-armor:20161224011800j:plain
ガロウズ返して
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》が強そうなので、使いたいシリーズ。

フィニッシャーに《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を据えた、低速の青黒デッキ。《ZEROの侵略 ブラックアウト》と《復讐のバイス・カイザーZ》はまぁまぁ強かったが終断という基盤がいまいちだったため、のせかえた節もある。

1 x 水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー
1 x 光牙忍ハヤブサマル
4 x ブレイン・タッチ
2 x デモンズ・ライト
4 x 奇天烈 シャッフ
4 x 傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界
4 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x Dの博才 サイバーダイス・ベガス
1 x 魔天降臨
1 x 超次元ガロウズ・ホール
2 x S級不死 デッドゾーン
4 x ZEROの侵略 ブラックアウト
1 x 英知と追撃の宝剣
3 x テック団の波壊Go!
1 x 威牙の幻ハンゾウ
3 x 復讐のバイス・カイザーZ

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

1 x FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドンX

ハンデスと除去で相手の攻めをさばいてから、《奇天烈 シャッフ》、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》、シノビで負け筋を減らして殴り切る。
ハンデスを入れると《”轟轟轟”ブランド》や《百万超邪 クロスファイア》、《暴走龍 5000GT》の着地が早まるという問題があるのだが、相手のカードの総数を減らさないと受けきれない。

  • 《デモンズ・ライト》
    • 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》から使える除去のかさましと、リソースカードのかさまし。
      3コストに除去したいクリーチャーが多く、後攻だとそれらに間に合わないのが難。
  • 《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー
    • 《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~》の封印でカードを4枚奪われているので、1枚入りのカードにアクセスできる可能性は通常より低い。しかし、《威牙の幻ハンゾウ》や《魔天降臨》など、触れると格段に楽になるカードがあるため採用。シールドの中身を(なんとなく)確認できるのも、受けのプランを立てやすくなって便利。
  • 《魔天降臨》
    • 高マナ域が主戦力の相手に、《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》の選択肢として。《奇天烈 シャッフ》で刻んでいくと相手の手札が増えるので、若干噛み合ってない感はある。
  • 《超次元リバイヴ・ホール》
    • 禁断爆発を目指すなら、似た効果の《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド 》の方がいいような、それに5マナ払いたくないような。2枚ずつで散らして都合のいい方を引こう。
  • 《S級不死 デッドゾーン
    • 《ZEROの侵略 ブラックアウト》が単体で《”轟轟轟”ブランド》に触れないのと、《煌龍 サッヴァーク》に-18000当てたいのと、単純に盤面の処理能力を上げたいのとで3枚入れた方がいいかなと思うこともあった。が、たいていは1枚もしくは無しでもどうにか。

《奇天烈 シャッフ》のおかげで踏んだらまずいカードは減らせるが、このカラーリングで最終的にシールドをブレイクしないと勝てないのがもやもや。

蓄積祭りに便乗する

f:id:metagross-armor:20190204235616p:plain
アクア・ガードに似てる
corocoro.jp
祭りが開催されていたので便乗した。

4 x 水面護り ハコフ/蓄積された魔力の縛り
4 x 蓄積された魔力
4 x 勇愛の天秤
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x 単騎連射 マグナム
4 x サイバー・チューン
3 x ゼンメツー・スクラッパー
4 x 蓄積された魔力の渦
4 x ”必駆”蛮触礼亞
4 x 黒神グールジェネレイド
4 x 勝利龍装 クラッシュ”覇道”

オールドスクールな蓄積覇道。大量に手札をため込んだ上で《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》を連打して、《黒神グールジェネレイド》とともに殴り切る。
実際に組んでみる前は《斬隠蒼頭龍バイケン》や《貪欲な若魔導士 ミノミー》、《“乱振”舞神 G・W・D》などの採用も考えていたのだが、いざ組んでみるとデッキスロットの大半がコンボパーツと手札交換カードで埋まってしまった……
大量のドローカードを入れているだけあって、デッキとして機能しないということはなかった。ただ、軽量呪文を連打するデッキ、墓地を参照するデッキ、《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》を主力にするデッキが他に存在して、それらの対策の全てをまともに受けるのが辛い。時代が悪い。
しかし、他のカードを採用する枠がない。

《蓄積された魔力》っていうカード、枠使い過ぎだから抜こう。(コンセプト崩壊)

《蓄積された魔力》を抜いて墓地を参照する要素を減らし、《“乱振”舞神 G・W・D》を採用することで《爆鏡 ヒビキ》、《奇天烈 シャッフ》、《正義の煌き オーリリア》などを処理できるようにしたのが以下のリスト。

4 x 勇愛の天秤
4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x サイバー・チューン
4 x ”必駆”蛮触礼亞
4 x 黒神グールジェネレイド
4 x 勝利龍装 クラッシュ”覇道”
4 x 夜露死苦 キャロル
2 x 満開軍艦 グラービエ/過激カキアゲイン
3 x ゼンメツー・スクラッパー
3 x “乱振”舞神 G・W・D
3 x 斬隠蒼頭龍バイケン
1 x 単騎連射 マグナム

《蓄積された魔力》の爆発的なドローがなくなって《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》を射出できる回数が減ってしまう分は、《“乱振”舞神 G・W・D》で頑張って補填。

水闇デ・スザーク(エリア代表決定戦、関東)

f:id:metagross-armor:20190113233928p:plain
カンカンカン!!!起きて!!!朝だよ!!!!
《堕魔 ドゥベル》。別物になりかけていた堕呪と堕魔を結びつける効果を持つ、DMRP08の個人的注目カード。

覇道を抑え込む手段として簡単なのが《卍 デ・スザーク 卍》の擁立とは思うものの、従来の闇単デ・スザークで覇道に勝ち越せる気が全くしなかったため、堕呪と組み合わせてカウンター気味のリストに。
《堕魔 ドゥベル》が墓地にあれば、クリーチャー無しの状態からでも無月の門を開きやすく、《”必駆”蛮触礼亞》、《”轟轟轟”ブランド》などの除去に影響されづらい。
また、相手ターン中に、S・トリガー1枚から《卍 デ・スザーク 卍》を出すことも期待できる。

4 x 堕呪 ウキドゥ
4 x 堕魔 ドゥポイズ
4 x 堕魔 ドゥグラス
4 x 堕魔 ドゥベル
4 x 堕呪 バレッドゥ
4 x サイバー・チューン
4 x 堕呪 カージグリ
4 x 追憶人形ラビリピト
1 x 機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」
4 x 卍 デ・スザーク 卍
3 x 卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺

覇道以外だと、煌世主に五分ぐらい?(マスター・ドラゴンの着地と《追憶人形ラビリピト》のスピード勝負になるので、リストにもよる。) 水単は、最終リストにしてから試せてないので不明。やや不利そうな印象はある。

  • 魔導具
    • コンセプトカードの《堕魔 ドゥベル》に、S・トリガー2種類とルーター2種類を4枚ずつ。《堕呪 ウキドゥ》は、自分のシールドから魔道具を落とせば、実質ルーター(?)
    • 《堕魔 ドゥポイズ》
      ドルスザクの解体や《異端流し オニカマス》を筆頭とした序盤の小型除去など、何かと使う。《堕魔 ヴォーミラ》がいれば3枚でもよかったが、いない。
  • ドルスザク
    • 《卍 デ・スザーク 卍》
      序盤で1枚引いておきたく、覇道に対しては2体擁立したいため、4枚。
    • 《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》
      早期の《追憶人形ラビリピト》誘発が煌世主(と水単)への勝ち筋なので、中盤で1枚引けるように3枚。《卍 デ・スザーク 卍》で誘発させてもいいのだが、《追憶人形ラビリピト》を除去されるタイミングが発生する。
  • 《追憶人形ラビリピト》
    • 引けてないと話にならない対面があり、除去を考えると2枚以上必要になるため4枚。
  • 《サイバー・チューン》
    • 9枚目以降の堕呪S・トリガーも試したが、そもそも《堕魔 ドゥベル》が落ちてないと堕呪がトリガーしてもあまり強くないことに気付いた。
      単純に、《堕呪 バレッドゥ》以外にも手札の《堕魔 ドゥベル》を整理できるカードは欲しい。
      枠の問題はさておき、これを4枚入れたうえで追加の堕呪S・トリガーはあり。
  • 《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》
    • 浮いた1枠のカードに悩んで、当日の2時ごろに入れたカード。覇道にシールドを全てブレイクされた場合でも、《終末の時計 ザ・クロック》を気にせず勝ちに向かえる。(《堕呪 ウキドゥ》と《堕魔 ドゥグラス》で対応するのは、少し心許ない。)
      デッキを掘り進めるカードが多く、欲しいタイミングがシールドをほぼ全てブレイクされている状態ということで、1枚でも機能するであろうという想定。

手札を交換するだけという何もしないカードが多く枠をとる都合、各デッキに寄せたカードの枠を捻出しづらいのが、困ったところ。追加の堕呪S・トリガー、《卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン》や《堕魔 ドゥスン》など入れたいカードはいろいろあった。

戦績は、0-2ドロップ。
1回戦、後攻:《凶戦士ブレイズ・クロー》→《轟車 ”G-突”》→《奇石 ミクセル》+《”轟轟轟”ブランド》。
2回戦、後攻:《ニクジール・ブッシャー》+《”轟轟轟”ブランド》→パス→《グレイト ”S-駆” 》。
《サイバー・チューン》込みで3枚トリガーして無月の門を開ければ~って思いながらシールドをめくってみたが、そんなことは起きず。

特撮のDNA

tokusatsu-dna.com
昨年に引き続き、年末ゴジラ
入場するのに1600円とるだけあって展示物は多く、満足度が高い。ゴジラ以外の作品もいくつかあった。
フラッシュ撮影禁止とのことで、写真に収めると暗くてよく見えない部分が……

f:id:metagross-armor:20181230211920p:plain
推し
f:id:metagross-armor:20181230211159p:plain
レインボーモスラ
f:id:metagross-armor:20181230210029p:plain
尻尾
f:id:metagross-armor:20181230213042p:plain
シン・ゴジラ
f:id:metagross-armor:20181230210114p:plain
メカゴジラ
f:id:metagross-armor:20181230210157p:plain
リトルゴジラ
f:id:metagross-armor:20181230210823p:plain
ムーンライトSY-3
f:id:metagross-armor:20181230210354p:plain
機龍
f:id:metagross-armor:20181230210446p:plain
推し
f:id:metagross-armor:20181230212001p:plain
ビオランテ
f:id:metagross-armor:20181230210608p:plain
メカゴジラ
f:id:metagross-armor:20181230212344p:plain
デストロイア
f:id:metagross-armor:20181230210741p:plain
モゲラ
f:id:metagross-armor:20181230212736p:plain
スペースゴジラ
f:id:metagross-armor:20181230205740p:plain
轟天号
f:id:metagross-armor:20181230211119p:plain
f:id:metagross-armor:20181230211736p:plain
推し

DM Deck Simulator

play.google.com
DDS.zip - Google ドライブ

メニュー画面

f:id:metagross-armor:20181230024748p:plain
初期手札、シールドの枚数を選択。

  • デッキ
    • 使用するデッキを選択。
  • 手札、シールド
    • 初期枚数を入力。
  • プレイ
    • プレイ画面へ移動。
  • デッキ編集
    • 編集画面へ移動。
  • 説明用ページ
    • このページをブラウザで開く。
  • 終了
    • アプリを終了。

編集画面

f:id:metagross-armor:20181224160731p:plain
デッキを構築する。

  • メニューに戻る
    • メニュー画面へ移動。
  • プレイ
    • プレイ画面へ移動。
  • デッキ選択ドロップダウン
    • デッキをロード。
  • デッキ選択ドロップダウン
    • 保存されているデッキから、編集対象を選ぶ。
  • 削除
    • デッキ選択ドロップダウンで選択中のデッキを削除。
  • 保存
    • 編集中のデッキを、デッキ名入力欄に入力された名前で保存。同名の場合、上書き保存。
  • クリア
  • テキスト読み込み
    • DM vaultで取得できる、テキスト形式のデータを読み込む。ただし、カード名のみ。デッキ名とリンクの部分は読み飛ばすので、コピペしてそのままインポート可能。
  • FORBIDDEN STAR
    • 最終禁断フィールドの有無。
  • 禁断の鼓動
    • 禁断の鼓動の有無。
  • 追加
    • 通常カード用の入力欄を追加。文明のチェックは、カードに色が付くだけなので、省略可能。
  • 超次元追加
    • 超次元ゾーンに置くカード用の入力欄を追加。
      超次元ゾーンに置くカードは、各面の情報を別に入力する。第1面以外は省略可能。

プレイ画面

f:id:metagross-armor:20181224013032p:plain
ゲームをプレイする。デッキが40枚でなくても、プレイ可能。
カードの種類(クリーチャーや呪文、フィールドなど)の区別はなく、全て同じ挙動をする。
カードをクリックして選択状態にして、それに対して移動やリンクなどの行動を選択する。

  • カードをダブルクリックしたとき
    • バトルゾーン、マナゾーン:タップ、アンタップの変更。
    • シールドゾーン:表、裏の変更。
    • 山札:上から1枚引く。
    • 超次元ゾーン:面の変更。
    • 禁断の鼓動、FORBIDDEN STARの封印:墓地に置く。
    • 手札、墓地:何もしない。
  • リセット
    • 最初からゲームを始める。
  • メニューに戻る
    • メニュー画面へ移動。
  • デッキ編集
    • 編集画面へ移動。
  • 移動
    選択中のカードを、指定場所に移動。封印以外のバトルゾーン、シールドゾーンのカードをそのまま選択した場合、構成カードが全て移動する。カード単位で移動させたい場合は、「構成カードを見る」。
    • 場:バトルゾーンへ移動。
    • マナ:マナゾーンへ移動。
    • 墓地:墓地へ移動。
    • 手札:手札へ移動。
    • 盾:新しいシールドとして追加。
    • 山下:山札の一番下へ移動。
    • 山上:山札の一番上へ移動。
    • 盾に重ねる:既存のシールドに重ねる。
    • 生物に重ねる:バトルゾーンのカードに重ねる。上に裏で置いた場合、封印。
  • その他の操作
    • ターン開始:バトルゾーンのカードとマナゾーンのカードを全てアンタップ。山札から1枚引く。
    • 全生物アンタップ:バトルゾーンのカードを全てアンタップ。
    • 全マナアンタップ:マナゾーンのカードを全てアンタップ。
    • 山上をマナ:山札の一番上をマナゾーンに置く。
    • 山上を墓地:山札の一番上を墓地に置く。
    • 山札シャッフル:山札をシャッフルする。
    • クローチェフオーコ:墓地を全て山札に加えてシャッフルする。
    • 山札を見る:山札のカードを一覧表示。
    • 墓地を見る:墓地のカードを一覧表示。
    • 構成カードを見る:バトルゾーンのカード、シールドに含まれるカードを一覧表示。
    • リンク 装備:選択中のカードを、バトルゾーンのカードの隣に置く。
    • 封印をつける:バトルゾーンのカードを選択しているとき、それに封印を1つつける。
    • 覚醒 龍解:超次元ゾーンのカードを選択しているとき、それの面を変更する。3面のカードは、1面→2面、2面→3面、3面→2面。
    • 専用操作:専用操作パネルを開く。
      • 進化:選択中のカードを、バトルゾーンのカードを進化元としてバトルゾーンに出す。
      • マナ進化:選択中のカードを、マナゾーンのカードを進化元としてバトルゾーンに出す。
      • 墓地進化:選択中のカードを、墓地のカードを進化元としてバトルゾーンに出す。
      • 手札進化:選択中のカードを、手札のカードを進化元としてバトルゾーンに出す。
      • 無月:選択中のカードを、バトルゾーンまたは墓地のカードを4枚(6枚)重ねてバトルゾーンに出す。