闇自然ド・ラガンザーク(ダンゴ武者ループ)

無限の可能性
最近こねこねしていたデッキ。(だんごだけに)
《ダンゴ武者》と《IXI ヤマイオン》のベースに《我狼罪 フェンリ業ル》と《失罪 モグニ否フ》を加え、爆アド上振れヤッホーな4ターンループを狙ったリスト。受けと妨害が犠牲になった。
ループに使うGRクリーチャーは、ループ突入までの過程で役に立つ《ヨミジ 丁‐二式》を採用。

4 x 幽具リンリ
4 x 幽具ギャン
4 x 失罪 モグニ否フ
4 x 零星セブホール
4 x 葬罪 ホネ損ビー
4 x 斬罪 シ蔑ザンド
4 x 我狼罪 フェンリ業ル
4 x ダンゴ武者
4 x IXI ヤマイオン
4 x 大卍罪 ド・ラガンザーク 卍

2 x バクシュ 丙-二式
1 x ツタンメカーネン
2 x ダラク 丙‐二式
1 x ザーク卍ウィンガー
2 x シニガミ 丁-四式
2 x ヨミジ 丁‐二式
2 x 接続 CS-20

無限GR召喚

1

2

3

4

無限GR召喚 派生 《斬罪 シ蔑ザンド》の破壊効果を貯める

無限GR召喚の途中で自壊するGRクリーチャーが出ると、《斬罪 シ蔑ザンド》の破壊効果が貯まる。

自壊するGRクリーチャー(もしくは《ヘルエグリゴリ-零式》)の効果で《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を山札の下に返す。自壊するGRクリーチャーが《ヨミジ 丁‐二式》の場合は、新たにGR召喚しながら《斬罪 シ蔑ザンド》を出して自壊させる。

GRクリーチャーを増やす

1

無限GR召喚の過程で、《ダラク 丙‐二式》と《斬罪 シ蔑ザンド》の効果を貯めておく。

2


《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》の効果で《ダンゴ武者》を付ける。ギガ・オレガ・オーラのルールによって、GR召喚が行われる。

3


破壊を《ザーク卍ウィンガー》の効果で置換して、2枚のオーラを山札に返す。(《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を上にする。)

4


《ダンゴ武者》の効果で《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を付ける。もともと山札にあったカードが一番下に。

5


《ダンゴ武者》を《ダラク 丙‐二式》の効果で墓地に置く。
《ダンゴ武者》を《ツタンメカーネン》の効果で引いて、《バクシュ 丙-二式》の効果で捨てると無限ドロー成立。《斬隠蒼頭龍バイケン》と《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》を考慮しないなら、これだけで相手の山札を0にできる。

無限ドロー

手札を捨てるときに《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》が山札の中にあり、《斬隠蒼頭龍バイケン》の効果を使われてもGRクリーチャーが残れば良い。

1

無限GR召喚の過程で、《ツタンメカーネン》と《バクシュ 丙-二式》と《斬罪 シ蔑ザンド》の効果を貯めておく。
オーラのついていないGRクリーチャーを余分に出しておく。

2


《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》の効果で《ダンゴ武者》と適当なオーラを付ける。

3


《斬罪 シ蔑ザンド》の効果を2回使う。1回目は《ザーク卍ウィンガー》の効果で置換して《ダンゴ武者》と適当なオーラを山札に返し、2回目で《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を破壊して山札の下に。

4


山札の上2枚を《ツタンメカーネン》と《バクシュ 丙-二式》で墓地に送り、《ダンゴ武者》の効果で《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を付ける。(《斬隠蒼頭龍バイケン》を使われてもGRクリーチャーが残るように余分に出しておく。)
あとは、無限GR召喚の手順で《ザーク卍ウィンガー》に《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を付けた状態に戻す。

2で付けるオーラは何でもいいので、墓地にオーラが残っていれば《バクシュ 丙-二式》の効果で捨てる必要がない。さらに、《ダンゴ武者》を《ダラク 丙‐二式》の効果で墓地に送れば、《バクシュ 丙-二式》の効果を使わずに《ツタンメカーネン》の効果を使い続けられる。
何度も試行しているうちに、《バクシュ 丙-二式》の効果で《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》を捨てられるより先に、相手の山札を削り切るのに十分なカードが墓地にたまることがある。

「【考察】先攻4ターン目に《獅子王の遺跡》で3ブーストを決めたい。」の考察

人生を賭けてチャレンジ
【考察】先攻4ターン目に《獅子王の遺跡》で3ブーストを決めたい。 | デュエマ工房blog
上記の記事を見て違和感があったので、自分でも計算した話。

記事内では、4ターン目に《獅子王の遺跡》を唱えたときに山札の一番上が多色である確率を、約55%と見積もっている。
検証に使ったリスト*1は多色が26枚で、これはデッキの65%にあたる量である。《獅子王の遺跡》を唱えるための条件を加味したとして、はたして10%もずれるのだろうか。

こういう面倒くさい確率は、解析解を求めるよりプログラムを書いて数値解を求めた方が手っ取り早い。
プログラムの大まかな流れは以下の通り。

  1. 40枚のデッキを構成する。
  2. デッキをランダムに並び替える。
  3. 3ターン連続で多色をマナチャージできるかチェック。
    • 上5枚に多色が1枚未満なら失敗。
    • 上6枚に多色が2枚未満なら失敗。
    • 上7枚に多色が3枚未満なら失敗。
  4. 獅子王の遺跡》を唱えられるかチェック。
    • 上7枚に自然を含む多色がある場合、上8枚に《獅子王の遺跡》を含む単色が1枚以下なら失敗。
    • 上7枚に自然を含む多色がない場合、上8枚に《獅子王の遺跡》を含む自然単色が1枚以下なら失敗。
  5. 9枚目が多色なら成功。
  6. 1~5を繰り返して成功率を求める。

得られた結果は35%。先の記事の28%とは大きく異なる値になった。

プログラムの間違いの可能性もあるので、もう少し考察。
9枚目をチェックする前、つまり《獅子王の遺跡》チャレンジができる確率は、双方で53%なので、ここまでは問題なさそうだった。
そうなると、問題は冒頭に書いた「山札の9枚目が多色である確率」。
シミュレーション結果を見ると、《獅子王の遺跡》チャレンジが53%かつ3ブースト成功が35%なので、「山札の9枚目が多色である確率」は約66%。デッキ全体の多色率より僅かに高い。

これは、4ターン目の時点で見たカード8枚について考えると腑に落ちた。
8枚に含まれる多色枚数の期待値は8×65%で5.2枚。これに対して《獅子王の遺跡》チャレンジが可能な多色の枚数は3~6枚と、期待値を下回る側に寄っている。
見えている多色の枚数が期待値未満のとき、残りの山札の多色の割合は65%を超える。つまり、多色の割合が65%を超えているときに《獅子王の遺跡》チャレンジをする割合が高いため、結果として《獅子王の遺跡》チャレンジの成功率も65%より高くなる。

結論:(3ターンパスした後の)先攻4ターン目で《獅子王の遺跡》を撃って3ブーストを決められる確率は35%。

*1:獅子王の遺跡》4枚、《獅子王の遺跡》以外の自然単色2枚、自然を含む多色15枚、自然を含まない多色11枚、自然を含まない単色8枚

火自然サンマックス

5枚目の《MANGANO-CASTLE!》
従来の火自然サンマックスが打点形成を《MANGANO-CASTLE!》に大きく依存していたところを、《烈王”轟怒”飛流投》で補強したデッキ。代償としてS級原始への依存度が上がった。
サンマックスゴッド

4 x トレジャー・マップ
2 x ガガガン・ジョーカーズ
2 x 幻緑の双月
1 x 大冒犬ヤッタルワン
1 x シビレアシダケ
4 x 桜風妖精ステップル
1 x S級原始 サンマッド
4 x S級原始 サンマックス
4 x MANGANO-CASTLE!
4 x 獣軍隊 ヤドック
4 x 龍装者 バルチュリス
4 x 烈王”轟怒”飛流投
4 x “閃忍勝” 威斬斗
1 x ”轟轟轟”ブランド

1 x チューチョロ
2 x フォー・ユー
2 x メタルポンの助
1 x パキラキⅡ
2 x スカップⅢ
2 x アネモⅢ
2 x ワイラビⅣ

やることは単純で、マナブーストから《MANGANO-CASTLE!》か《烈王”轟怒”飛流投》に繋いでS級原始をシュート。

  • 《トレジャー・マップ》、《ガガガン・ジョーカーズ》
    • フィニッシャーのS級原始、スタートの2コストクリーチャーのどちらにもさわれる便利カード。もう1つの重要カードである火の呪文は気合で引く感じで……
      枚数配分は、デッキの基盤にアクセスできる可能性の高い《トレジャー・マップ》を優先。《トレジャー・マップ》で《”轟轟轟”ブランド》が見えるとちょっと悲しい。
      クリーチャーが見つからなかったことにすれば、1マナで手札を減らせる。どうしてもマスターG・G・Gに到達したいときに役に立つかもしれない。
  • 《獣軍隊 ヤドック》
    • 5マナの《烈王”轟怒”飛流投》までゲームを引っ張るメタクリーチャー。《トレジャー・マップ》で持ってこられるのもポイント。
  • 《“閃忍勝” 威斬斗》
    • ブロッカーに抗えない2代目S級原始のサポートカード。軽量ブロッカーや《全能ゼンノー》などを弾いてトリプルブレイクを通す。
  • 《龍装者 バルチュリス》
    • 2点3点《龍装者 バルチュリス》の黄金パターンを決められないが、GRに1打点が相当数入っているので打点補強カードは欲しい。2コストクリーチャーからの《MANGANO-CASTLE!》で3コスト1コストと出てきても、これがあればぎりぎりダイレクトアタックに届く。
  • 《烈王”轟怒”飛流投》
    • コンセプトカード。《烈王”轟怒”飛流投》のここがすごい!
      ・1枚でS級原始をT・ブレイカーにできる。
      ・《「本日のラッキーナンバー!」》、《奇天烈 シャッフ》で4を宣言されても貫通できる。
      マナにS級原始が2枚あって都合よくめくれば1枚で勝てる。
      ・《全能ゼンノー》がいるときに唱えても無駄にならない。
    • 《烈王”轟怒”飛流投》のここがすごくない!
      ・3コストを3枚めくると破産する。
      ・直前の《MANGANO-CASTLE!》でマナから侵略すると、次のターンに唱えられない場合がある。
  • GRクリーチャー
    • 3コスト7枚、1コスト5枚だと《MANGANO-CASTLE!》と《烈王”轟怒”飛流投》のどちらも同程度の確率で”あたり”になる。(「だいもんじ」の命中程度って書くと、頼りなく見える。)

確率表

3コスト 1コスト 2枚のうち1枚が3コスト 3枚が7コスト以下
12 0 100.00% 0.00%
11 1 100.00% 25.00%
10 2 98.48% 45.45%
9 3 95.45% 61.82%
8 4 90.91% 74.55%
7 5 84.85% 84.09%
6 6 77.27% 90.91%
5 7 68.18% 95.45%
4 8 57.58% 98.18%
3 9 45.45% 99.55%
2 10 31.82% 100.00%
1 11 16.67% 100.00%
0 12 0.00% 100.00%

水火トルネード覇道

期待の新人
《海底鬼面城》以外のドローソース兼2マナクリーチャーである《スッポンジトム》に注目したデッキ。
トルネード覇道

1 x ”轟轟轟”ブランド
3 x 龍装者 バルチュリス
4 x 海底鬼面城
4 x スッポンジトム
4 x 異端流し オニカマス
4 x 花美師ハナコ
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x */弐幻サンドロニア/*
4 x MANGANO-CASTLE!
4 x ”必駆”蛮触礼亞
4 x 勝利龍装 クラッシュ”覇道”

2 x ツタンメカーネン
2 x メカドクターGr.
2 x ドドド・ドーピードープ
2 x 鋼ド級 ダテンクウェールB
2 x グッドルッキン・ブラボー
2 x 超Ω級 ダルタニックB
  • 《スッポンジトム》
    • コンセプトカード。ドロー効果はもちろん、おまけのようについている手札5枚ボーナスもビートダウン向けで、攻撃されない効果とブロックされない効果のどちらも強い。
      他の手札増減を考えなければ、1回Jトルネードをすることでボーナスを得られるデザインになっている。
      《MANGANO-CASTLE!》で送り出したジョーカーズを戻すとお得。
  • 《花美師ハナコ
    • Jトルネードの弾。単体でもキャントリップ付き2マナクリーチャーであり、《スッポンジトム》とくっつかなくても使用に耐えるカード。
  • 《*/弐幻サンドロニア/*》
    • 2/3Jトルネードの弾。デッキを掘り進める能力は同コストの呪文である《クラムダンク》と同等の性能で、おまけにGR召喚がついてくるというハイスペックカード。
      2000修整付きで、《グッドルッキン・ブラボー》が《光牙忍ハヤブサマル》単体を乗り越えられるようにしたり、《超Ω級 ダルタニックB》のパワーを6000に押し上げるサポートをしたりできる。
  • 《龍装者 バルチュリス》
    • 《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》を揃えられなくても、2マナクリーチャーと《MANGANO-CASTLE!》にこれを加えればダイレクトアタックまでどうにか。
  • 超GRゾーン
    • 2打点の(可能性を持つ)カード5種類と、《*/弐幻サンドロニア/*》をヨンドロニアに進化させる《ツタンメカーネン》。条件を満たせば《MANGANO-CASTLE!》が4打点になる可能性は高い。
      《メカドクターGr.》は、単体で2打点であるだけでなく、《*/弐幻サンドロニア/*》からめくれて3ターン目にW・ブレイクする、ジョーカーズの2打点と一緒にめくって3枚のシールドに対してダイレクトアタックを狙うなど、夢の広がるカード。3ターン目にJトルネードで戻したジョーカーズを、マナドライブ達成用にマナチャージする動きが綺麗。

膨れ上がった手札に《勝利龍装 クラッシュ”覇道”》と《”必駆”蛮触礼亞》が揃ってないことがままあるのが、ちょっと悲しい。どちらのカードも代替カードがなく、4枚ずつしか入れられないので仕方ないと言えば仕方ないのだが……