読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジンギラティナ

ポケモン-クリスマスカップ ポケモン-個別考察

ゴースト+「ふゆう」で、ノーマルアルセウスの主要な攻撃技である「しんそく」「じしん」を封じることができるのが強み。アルセウスに何回「つるぎのまい」を使われようと、他を倒せば勝ちの目がある。
持ち物が確定していること、耐久種族値が落ちていることからアナザーフォルムに比べてかなり撃たれ弱い。「りゅうせいぐん」が頻繁に飛び交うルールであり、1発で倒される危険は常に付きまとう。
りゅうせいぐん」の格好の的なので、使わせて特攻を下げてからアルセウスを投げるというプランを用意しておくのも手。


攻撃技は、物理・特殊のどちらも扱える。パーティの物理・特殊の比率や、相手をしたいポケモンに合わせて決めると良い。
シャドーダイブ」:物理の主力となる技。自身はノーマルアルセウスに強いが、隙を見せやすいのはやはり気になる。ディアルガの採用率が高く、こちらでも受けられやすい。
「ドラゴンクロー」:「シャドーダイブ」と違い、テンポロスなく打てる。攻撃最大にしてやっと無振りパルキアを倒せる程度なので、火力は低め。ホワイトキュレムは乱数。
げきりん」:鋼がほとんどいないので、どちらに当たってもダメージは稼げる。H252アルセウスを2発。
「じしん」:アルセウスと攻撃種族値は同じだが、「つるぎのまい」や「いのちのたま」がないのでいまいち。
ストーンエッジ」:ホウオウ用。
りゅうせいぐん」:特殊の主力となる技。物理だと面倒なディアルガグラードンなどにもダメージを稼げる。
シャドーボール」:タイプ一致技だが、1発目だけなら「りゅうせいぐん」でほぼ間に合う。ミュウツーやゴーストアルセウスに対して、わざわざ特攻を下げずに済むのが利点。
はどうだん」:ディアルガやノーマルアルセウスバンギラス用。特攻が最大であれば、「はどうだん」+「りゅうせいぐん」でH252アルセウスを倒せる。
「かみなり」:カイオーガ用。
「だいちのちから」:メタグロス用。
「かげうち」:先制技。「りゅうせいぐん」だとミュウツーがわずかに残るので、特殊技メインでも採用する価値はある。
「おいかぜ」:最終ターンに先攻で「シャドーダイブ」、次のターンに後攻で攻撃の流れは綺麗。


せっかくオリジンフォルムで使うのなら、努力値は攻撃に寄せた配分で使いたい。
耐久に振っても「りゅうせいぐん」で即死するので、割り切って攻撃/特攻・素早さ、あるいは攻撃・特攻の2点振りもありか。
特防に4振るとパルキアの「あくうせつだん」を耐えられるようになるので気休め程度に……
HPが高いので、耐久に振る場合はHPに252振るより防御と特防に振り分けた方が耐久が高くなる。