読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十二季節の魔法使い、基本セット30枚のパワーカード

雑記

f:id:metagross-armor:20150808001112j:plain
十二季節の魔法使いというゲームを教えてもらった。
何回か遊んだあとの、パワーカードの雑感。基本セット30枚のみ。ドラフトの指標になるかもならないかも。

  • 大気の護符
    • 自分が残るので、実質ゲージ+1。ゲームスタート時にとれるトークンの種類なので、序盤に2枚展開したい時は便利。
  • 炎の護符
    • 引く行為が単純に強い。4枚も見ればいいカードが1枚はある、はず。
  • 大地の護符
    • トークン2をクリスタル9に変換できるので、効率は良い。少し地味。
  • 水の護符
    • ゲームスタート時にとれるトークンを、好きな種類4個に変換できる。スタートダッシュには丁度いい。ゲージが必要なことに注意。
  • イシュターの天秤
    • 3個揃えば最大効率での変転ができる。あれば便利ではあるが、地味。
  • 春の杖
    • 序盤に出したいカードの割に、コストが重い。クリスタルしか増えないので、展開のサポート力は低い。
  • 時のブーツ
    • 文字通り、ゲームを終わらせられるカード。とはいえ、勝ち筋(点数)は別に用意する必要がある。
  • イオの財布
    • 変転絡みのカードは多く、シナジーは作りやすい。重ねると強力。
  • 聖杯
    • 「炎の護符」の上位種。せっかくなら重いカードを踏み倒したい。キープできないこと、召喚ゲージを一気に消費することがデメリット。
  • 信心深きサイラス
    • 重要なカードに直撃すれば強力だが、相手の召喚ゲージが1個空くという隠れたデメリットがある。永続サポートを割りやすい開始直後か、ゲージが増えても問題ない最終ターンに使うと強い。
  • 強欲なフィグリム
    • 地味なアドバンテージを稼げる。早めに設置したいが、早いと相手がクリスタルを持っていないことがあるジレンマ。
  • 女預言者ナリア
    • 選べるとはいえ、相手にカードが渡るのが曲者。最終ターンで、押し付け目当てに使うこともできる。
  • 驚愕の箱
    • 序盤だと、トークンに余力がないことが多い。2年目でも十分か。
  • 物乞いの角笛
    • 低コストで好きな種類のトークンがとれるカード。中盤以降、1個以下という条件は、狙って動かないと満たしにくい。
  • 悪意のダイス
    • サイコロドラフトが下位でも、逆転を狙える。特に、召喚ゲージはどのサイコロも3面あり、安定して稼ぎやすくなる。
  • 破壊者ケアン
    • 単純な変転よりも効率はいい。相手にクリスタルがあれば。
  • 首長のアムサグ
    • 出たとき効果を使い回す。ただ、それは相手も同じ。最終ターンに使うと、盤面の点数が減ることに加えて、手札持ちの減点もあるので強烈。
  • 魔法の秘本
    • 払ったコストが返ってくるので、実質タダ。こまめに変転する必要がなくなるので、便利。「イシュターの天秤」や「灰顔のルイス」と相性が良い。
  • ラグフィールドの兜
    • ボーナス点数は破格だが、条件を満たすのが難しめ。最後に置くのがベスト。
  • 運命の手
    • 増えるトークンは「ヤンの忘れられた花瓶」と差し引き同じだが、召喚自体をサポートできるので雲泥の差。設置に4種類必要なことぐらいしか弱いところがない。
  • 灰顔のルイス
    • タイミングがシビアなカード。決まればもちろん強い。
  • イオリスのルーン立方体
    • 踏み倒しとセットだと破格の30点、「聖杯」でめくると宇宙。素出しはいまいち。
  • 力の薬
    • 「大気の護符」と増える召喚ゲージは同じだが、自分がいなくなるので純粋に+2できる。カードを引けるのも強い。
  • 夢の薬
    • 踏み倒しカード。序盤に大気2から重いカードにつなげる動きは綺麗。
  • 知識の薬
    • トークンを差し引き3増やす。召喚ゲージは圧迫しないが、リザーブに十分な空きが必要。
  • 生命の薬
    • 変転効率を上げるカード。種類に関係なく4と高レート。全て投げ捨てるので、融通が利かない。分かりやすいのは最終ターン。
  • 時の砂時計
    • 地道なアドバンテージを積み上げるカード。状況に応じて好きな種類を引き出せる。
  • 壮大の錫杖
    • はまれば大量のクリスタルを得られる。美味しく使うには、これを見据えたドラフト、プレイが必要。
  • オラフの祝福の像
    • トークン3つが20点に化ける。「イオリスのルーン立方体」と違って使い回しが効く。
  • ヤンの忘れられた花瓶
    • 「運命の手」の下位種。それでも、十分強い。