読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光闇火ドギラゴン剣

f:id:metagross-armor:20160609232035j:plain
最近、流行している文言といえば「~すれば《革命の鉄拳》、《ボルシャック・ドギラゴン》をケアして勝てます。」である(?)。
こんなことをずっと言われていると、《革命の鉄拳》と《ボルシャック・ドギラゴン》が受けとして役立たずに感じる。《ボルシャック・ドギラゴン》で《悪革の怨草士 デモンカヅラ》をめくって相手の《伝説の禁断 ドキンダムX》を破壊するとか、コマンドたくさん出して禁断解放するとか、それを乗り越える手段もなくはないが、狙ってできるものではない。

そんなわけで、闇火ドギラゴン剣の基盤を流用しつつ、受けを《革命の鉄拳》と《ボルシャック・ドギラゴン》からスパーク系S・トリガーに切り替えたデッキを組んだ。
《ボルシャック・ドギラゴン》を排したことで、それの進化元にならないカードを採用できるようになった。

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x ゴーゴー・ジゴッチ
3 x 天界の神罰
3 x 解体人形ジェニー
4 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
3 x 超次元ムシャ・ホール
4 x 勝利の道標レティーシャ
4 x マスター・スパーク
3 x 熱血龍 バトリベンジ
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣
3 x 熱血提督 ザーク・タイザー
4 x 閃光の守護者ホーリー

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x シルバー・ヴォルグ/撃墜王ガイアール・キラードラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 時空の指令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
  • 基本のコンボパーツ
    • 《蒼き団長 ドギラゴン剣》、《勝利の道標レティーシャ》
      ないと話にならないので4枚。
      《天界の神罰》を使いたいという理由で《勝利の道標レティーシャ》にした。
    • 《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》
      《蒼き団長 ドギラゴン剣》の革命チェンジ元になるカード。コンボパーツを探せる点を評価して4枚。
    • 《超次元ムシャ・ホール》
      《蒼き団長 ドギラゴン剣》の革命チェンジ元になるカード2。デッキ全体としてはドラゴンである《熱血龍 バクアドルガン》の方がシナジーがあるが、単純なカードパワーを優先。
      《超次元リバイヴ・ホール》は、途中のアクションでクリーチャーを墓地に落とす手段がないので不採用。
    • 《ゴーゴー・ジゴッチ》
      コンボパーツのうち2種類を探せる上に、最後は過剰打点になり無駄がない。
  • 《熱血龍 バトリベンジ》
    • 《メガ・マナロック・ドラゴン》に縛られながら攻撃されると耐えても返せないので、抜け道として採用せざるを得なかった。
      相手のプレイ依存なので出せない場合があり、より確実に出すなら《デュアルショック・ドラゴン》の方がいい。そもそも超次元ゾーンを使用しないデッキもある。ただ、出した時にS・トリガーを落として自殺する可能性があり、S・バックできる火の枚数を増やす必要がある。
  • S・トリガー
    • S・トリガーを8枚入れても初期シールドに入る確率は7割。欲を言えばもうう1種類欲しく、12枚で86%になる。
      《オリオティス・ジャッジ》は、踏んでもいいように動かれることがあって受けとして信用できないため、全てスパーク系にした。
      おまけ効果のある派生カードより、アンタップインできる単色を優先。
  • その他
    • 《熱血提督 ザーク・タイザー》
      《ゴーゴー・ジゴッチ》で引っ張ってこられる対策カード。ハンデスから復帰する手段が《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》4枚だと心許ない。対象となるカードはデッキの約1/3で、0ヒットが3割。
    • 《解体人形ジェニー》
      早期に《蒼き団長 ドギラゴン剣》を走らせることができず、速さで押し切れないため、妨害を入れて1ターン貰う。手札で構えている《ボルシャック・ドギラゴン》や《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》などを落として、攻めの露払いもできる。
    • 《天界の神罰
      《革命目 ギョギョウ》とか《革命目 ギョギョウ》とかを除去できる。それに限らず、攻めが遅いせいで相手に妨害クリーチャーを用意されやすい。
      また、《熱血龍 バトリベンジ》で返すために、《単騎マグナム》と《ウソと盗みのエンターテイナー》を早期に除去する必要がある。
    • 《禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX》
      頑張って禁断解放すれば《革命の鉄拳》、《ボルシャック・ドギラゴン》をケアして勝てます。

闇火自然ドギラゴン剣を意識してデッキを組んでみたが、やはり攻める方に分がある印象。RevFブロック構築でもそうだったように、受ける方が要求されるものが多い。
単純な《蒼き団長 ドギラゴン剣》を絡めた6打点ならともかく、お供の《解体人形ジェニー》と《メガ・マナロック・ドラゴン》がこちらの目論見を台無しにする。さらに、《単騎マグナム》や《ウソと盗みのエンターテイナー》、《音精 ラフルル》というおまけも考えると、中途半端なデッキ構造で捌くのは困難。