読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMEDH、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》統率

f:id:metagross-armor:20161110230023j:plain
G・ゼロを持つ《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を統率者に据えたデッキ。
バトルゾーンを離れるときに統率領域に置けば、呪文を唱えるたびにノーコストで出てくるため、手軽にアドバンテージを稼げる。G・ゼロに頼らずとも最初は2マナで召喚でき、相手の軽量統率者の攻撃から身を守ってくれる。

《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》でアドバンテージを稼げるといっても、そのままではチャンプブロッカーにしかならない。出した後にうまく使える工夫が必要。
ブロッカーである→バトルに関連する能力を与えれば、単なるチャンプブロッカー以上の働きをする。
すぐに戦線復帰できる→他のカードを使うためのコストに充てる。進化元にも便利。

グローリー・ストーン連唱 ハンゾウ・ニンポウ
魔光騎聖ブラッディ・シャドウインフェルノ・サイン
墓守の鐘 ベルリン超次元リバイヴ・ホール
黙示賢者ソルハバキゲット・レディ
魔弾ソウル・キャッチャー魔光神レオパルドII世
デッドリー・ラブ地獄門デス・ゲート
ヴァルハラ・マジック超次元バイス・ホール
オーバーキル・グレイブヤードアポカリプス・デイ
光の翼 バロンアルデデーモン・ハンド
光牙忍ハヤブサマルソウル・アドバンテージ
禁断 U サベージトンギヌスの槍
暗黒鎧 ヘルミッション無敵城 シルヴァー・グローリー
ミラー怪人 ドテラバラS級不死 デッドゾーン
ブータン転生超復讐 ギャロウィン
天星の玉 ラ・クルスタ真・龍覇 ヘブンズロージア
魔光王機デ・バウラ伯龍覇 セイントローズ
魔光死聖グレゴリアス極・龍覇 ヘルボロフ
白骨の守護者ホネンビー光牙王機ゼロカゲ
グローリー・スノー凶殺皇 デス・ハンズ
連唱 ジャンヌ・スパーク魔天聖邪ビッグディアウト
プライマル・スクリーム邪眼教皇ロマノフII世
邪魂創世記憶の精霊龍 ソウルガルド
Dの楽園 サイケデリック・ガーデン聖霊左神ジャスティス
Dの地獄 ハリデルベルグ究極生命体 Z
未来の玉 ダン超次元ガード・ホール
神託の守護者 胡椒超次元ロマノフ・ホール
雷鳴の守護者ミスト・リエス聖鎧亜キング・アルカディア
墓標の悪魔龍 グレイブモット支配のオラクルジュエル
デ・バウラ・チャージャー悪魔神王バルカディアス
スーパー・エターナル・スパーク偽りの悪魔神王 デス・マリッジ
悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド
極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス
時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ/究極の覚醒者 デビル・ディアボロス ZZ
時空の支配者ディアボロスZ/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ
固有色の光と闇が得意な除去コントロールの形。多人数戦で生き残ることを重視し、ブロッカーやS・トリガーなどの防御手段を多めに積んだ。
その分攻め手は少ないが、進化クリーチャー、サイキック・クリーチャー、ドラグハート・クリーチャーのいずれも高性能。

クリーチャーは悪魔神王の進化元になるエンジェル/デーモン・コマンド、《魔光死聖グレゴリアス》と《魔光神レオパルドII世》に対応しているナイト、呪文は《邪眼教皇ロマノフII世》と《聖霊左神ジャスティス》で唱えられるコスト6以下を重点的に採用した。
《悪魔神王バルカディアス》と《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》の進化元を確保するのはともかく、ナイトのパッケージはデッキ作成者の好み。他にも、エンジェル・コマンドもしくはデーモン・コマンドに寄せきったり、派生種族の~・ドラゴンで固めたり、種族シナジーを無視して単体性能を重視したりといろいろ考えられる。

  • 《グローリー・ストーン》、《栄光の翼 バロンアルデ》、《グローリー・スノー》、《天星の玉 ラ・クルスタ》
    • マナブースト。4人もいれば1人は自然文明を使っている(と思われる)ので、条件を満たすのは難しくない。
  • 《デッドリー・ラブ》、《ブータン転生》、《邪魂創世》
    • 唱えるために自分のクリーチャーを破壊するカード。《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を破壊してもすぐに戻ってきて実質タダ。タダになってようやく《ディメンジョン・ゲート》と《サイバー・ブレイン》なのが少し悲しい。
  • 《魔弾ソウル・キャッチャー》、《黙示賢者ソルハバキ》、《禁断 U サベージ》、《魔光王機デ・バウラ伯》
    《魔光死聖グレゴリアス》、《白骨の守護者ホネンビー》、《プライマル・スクリーム》、《未来の玉 ダンテ》
    神託の守護者 胡椒》、《デ・バウラ・チャージャー》
    • 墓地、マナ回収。ハイランダー故の選択肢の多さが光る。ナイトやエンジェル・コマンド、S・トリガーなど付加要素のあるものを優先的に採用。マナゾーンのカードに触る方法は、これら以外にディアボロスの覚醒コストがある。
  • 《光牙忍ハヤブサマル》、《光牙王機ゼロカゲ》
    • シノビ。バトルを支援するカード、《真聖教会 エンドレス・へヴン》、《超復讐 ギャロウィン》辺りと絡めて使いたい。
  • 《暗黒鎧 ヘルミッション》、《ミラー怪人 ドテラバラ》、《魔光神レオパルドII世》、《邪眼教皇ロマノフII世》
    • ナイト。《極・龍覇 ヘルボロフ》を持ってくる《魔光神レオパルドII世》と愉快な仲間たち。
  • 《オーバーキル・グレイブヤード》、《無敵城 シルヴァー・グローリー》
    • バトルを支援するカード。何度も蘇る《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を筆頭にブロッカーが多いデッキなので、何も考えずに置いておくだけでもそれなり。
  • 《Dの楽園 サイケデリック・ガーデン》、《Dの地獄 ハリデルベルグ》
    • D2フィールド。同じ文明ということもあってか、前者は《真聖教会 エンドレス・へヴン》、後者は《極真王殿 ウェルカム・ヘル》と相性がいい。
  • 《連唱 ハンゾウ・ニンポウ》、《連唱 ジャンヌ・スパーク》
    • 効果そのものより、リサイクルで墓地から唱えられる点を評価。《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》のための呪文を確保しやすくなる。
  • 《超次元リバイヴ・ホール》、《超次元バイス・ホール》、《超次元ガード・ホール》、《超次元ロマノフ・ホール》
    • 超次元呪文。10マナに触れる3枚と、アドバンテージをとれる《超次元リバイヴ・ホール》を採用。進化元、侵略元を兼ねる。
  • 《S級不死 デッドゾーン》、《超復讐 ギャロウィン》
    • 侵略者。悪魔神王の進化元がそのまま侵略元になる。いざとなれば《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》から進化もできる。
  • 《スーパー・エターナル・スパーク》、《トンギヌスの槍》、《記憶の精霊龍 ソウルガルド》
    • カード指定除去。闇の管轄外なので、枚数は少な目。
  • 《ヴァルハラ・マジック》、《地獄門デス・ゲート》、《デーモン・ハンド》、《凶殺皇 デス・ハンズ》、《支配のオラクルジュエル》
    • 防御用S・トリガー。
  • 《真・龍覇 ヘブンズロージア》、《龍覇 セイントローズ》、《極・龍覇 ヘルボロフ》
  • 《墓標の悪魔龍 グレイブモット》、《魔天聖邪ビッグディアウト》、《聖霊左神ジャスティス》、《究極生命体 Z》
    • 悪魔神王の進化元。
  • 《聖鎧亜キング・アルカディアス》、《悪魔神王バルカディアス》、《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》
    • ロック能力付きクリーチャー。呪文を封じるクリーチャーは他にもいるが、コストが重く出した瞬間に隙ができやすいため、盤面をさばけるカードを優先した。
  • 《墓守の鐘 ベルリン》、《インフェルノ・サイン》、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》、《ゲット・レディ》
    《アポカリプス・デイ》、《ソウル・アドバンテージ》
    • その他の汎用カード。

超次元ゾーンは省略。