読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光自然メタリカ

DM-デッキ

f:id:metagross-armor:20170330210908j:plain
《ベイB ジャック》、《一番隊 クリスタ》、《龍装者 バーナイン》の3枚を軸としたクリーチャーばらまきデッキ。
その展開力はコロコロチャンネルでも紹介されている。
《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》と《呪紋のカルマ インカ》を並べて相手のS・トリガーを封じ、展開したクリーチャーの攻撃を相手に叩き込む。

2 x 奇石 ライムスティ
4 x ベイB ジャック
4 x 赤攻銀 カ・ダブラ
4 x デスマッチ・ビートル
4 x 黙示賢者ソルハバキ
4 x 一番隊 クリスタ
3 x 瞬封の使徒サグラダ・ファミリア
4 x 緑知銀 フェイウォン
4 x 龍装者 バーナイン
3 x 呪紋のカルマ インカ
4 x 共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス

一般的な光水サザン・ルネッサンスで採用されている小型クリーチャーも候補だが、今回は《龍装者 バーナイン》を重視してメタリカに寄せた。

  • 《ベイB ジャック》、《一番隊 クリスタ》、《龍装者 バーナイン》
    • クリーチャー展開のエンジン。クリーチャーを召喚するマナと手札が増えるので、それをもとに新たなクリーチャーを召喚できる。《偽りの名 スネーク》のようなものである。
      この3種類を1ターン目から連続で召喚し、過剰マナでメタリカを連鎖させるのが最高の動き。
      2ターン目に《一番隊 クリスタ》を召喚できなくても、《ベイB ジャック》とアンタップ状態のクリーチャーを用意できれば、3ターン目に《龍装者 バーナイン》を着地させられる。
  • 《デスマッチ・ビートル》
    • 相手の速い展開を咎める自然マナ。ガーディアンもついており、タップ状態の味方クリーチャーを1300のボディで守ってくれる。
  • 《黙示賢者ソルハバキ》
    • 器用に動ける軽量クリーチャー。マナに置くことが多いフィニッシュパーツを回収したり、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》のコストを下げたりする。
  • 《緑知銀 フェイウォン》
    • ドローと防御を兼ねるクリーチャー。現状のメタリカの軽量クリーチャーの中ではトップクラスの性能。
      《デスマッチ・ビートル》が自身の効果でタップされた後に、さらに攻撃対象をそこへ変更できる。
  • 《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス
    • 追加のドローソース。効果対象となるクリーチャーがやや少ないが、《ベイB ジャック》の効果を絡めれば召喚自体はできる。
  • 《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》、《呪紋のカルマ インカ》
  • 《奇石 ライムスティ》、《赤攻銀 カ・ダブラ》
    • 数合わせの1マナメタリカ。申し訳程度の《メガ・マグマ・ドラゴン》対策として《赤攻銀 カ・ダブラ》を4枚採用した。自分の都合だけ考えるなら、タップしない《奇石 ライムスティ》の方が優秀。

相手の行動に干渉できるカードがほとんどなく、特にコンボデッキ相手はスピード勝負。

クリーチャーを大量に展開してもそのターンでは勝ちきれず、1度ターンを渡す必要がある。ここで全体除去をもらうと最初からやり直し。《メガ・マグマ・ドラゴン》はまだいい方で、《Dの天牢 ジェイルハウスロック》のDスイッチを使われるとほぼ全滅する。

《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》と《呪紋のカルマ インカ》の影響下でも使用可能な防御手段があり、それらに一斉攻撃を阻害される。厄介なのは《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》で、《テック団の波壊Go!》や《偶発と弾幕の要塞》を唱えられるとクリーチャーが壊滅する。革命0トリガーなら数の暴力でおしきれないこともない。