サイバー・ドラゴン

f:id:metagross-armor:20180515222346p:plain
先月に引き続き、今月も新規カードが刷られたサイバー・ドラゴン
しかも、サイバー・ドラゴンの総量は欲しいが単体で弱いカードを入れたくない……というわがままをかなえてくれる汎用サーチカードである。凄い。
f:id:metagross-armor:20180515223508p:plain

モンスター(18枚)
サイバー・ドラゴン・ヘルツ×3枚
サイバー・ドラゴン・コア×3枚
増殖するG×3枚
サイバー・ドラゴン・ドライ×2枚
サイバー・ドラゴン×3枚
エフェクト・ヴェーラー
灰流うらら×2枚
幽鬼うさぎ

魔法(21枚)
エマージェンシー・サイバー×3枚
オーバーロードフュージョン×3枚
おろかな埋葬
機械複製術×3枚
サイバー・レヴシステム×3枚
死者蘇生
パワー・ボンド×3枚
地獄の暴走召喚×3枚
リミッター解除

罠(1枚)
サイバー・ネットワーク

エクストラデッキ(15枚)
キメラテック・ランページ・ドラゴン×2枚
サイバー・ツイン・ドラゴン
キメラテック・メガフリート・ドラゴン×2枚
サイバー・ドラゴン・ノヴァ×2枚
サイバー・ドラゴン・インフィニティ×2枚
トロイメア・マーメイド
リンクリボー
クリフォート・ゲニウス
サイバー・ドラゴン・ズィーガー×2枚
ペンテスタッグ

基本構造は一カ月前から変わらず。目指すは、後攻1ターン目でのワンショット。上振れると3人分のライフを削り切れるので、チーム戦においては、余剰分でチームメイトの対戦相手も倒すことができる(できない)。

変更点は主に3つ。

  • 相手に干渉するカード
    魔法・罠対策カードを抜いて、先攻1ターン目の動きに触れるカードを増やした。《ハーピィの羽根帚》はまだしも、《レッド・リブート》はムラが大きい。
    《灰流うらら》は、妨害(《増殖するG》ないし罠のサーチ)を弾けば、実質攻め札1枚分と考えることにした。その流れでいくと《エフェクト・ヴェーラー》と《幽鬼うさぎ》は少し怪しい気も。
  • 《エマージェンシー・サイバー》
    《強欲で貪欲な壺》と入れ替わりで採用。カード枚数は増えないが、2枚ドローより質は期待できる。ドキドキしながら除外された10枚を確認する必要がなくなった。
  • エクストラデッキ
    • 上振れ専用の《サモン・ソーサレス》、ほとんど出番がなかった《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》、《トロイメア・フェニックス》は不採用に。
    • 《トロイメア・マーメイド》
      《夢幻崩界イヴリース》を押し付けられたとき専用カード。頻繁に出番があるわけではないが、勝利貢献度が高い。
    • 《リンクリボー
      サイバー・ドラゴン・ヘルツ》スタートの《機械複製術》で、エクストラゾーン以外に《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を立てつつ《リンクリボー》を構えられるため、先攻を渡された時の動きが強くなる。また、暇でしょうがないときや《サイバー・レヴ・システム》と《地獄の暴走召喚》があるときに、《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》を能動的に墓地に送れる。
    • 《クリフォート・ゲニウス》
      単純に、リンクマーカーが下側に2つあるのが便利で、効果も悪くない。自分のカードの効果を無効にする点を利用すると、《サイバー・ドラゴン》を引き切ったときに、《サイバー・ドラゴン・コア》と《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》の効果を無効化して、《機械複製術》の対象にすることができる。
    • 《ペンテスタッグ》
      守備表示モンスターを除去する手段がなくライフを奪いづらいため、壁モンスターを咎めるカードが欲しかった。《地獄の暴走召喚》で相手に壁が並ぶこともある。