読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RevFでエターナルマシンデュエル

革命ファイナルブロック構築に新たに追加されたカードの中で、一番面白そうなカード。それが《禁断機関 VV-8》。
f:id:metagross-armor:20161012200549j:plain
追加ターンを得るという効果はS・トリガーの威力を大幅に削げるため、S・トリガーが多く採用されるこの環境にマッチしている。

最初に試したのは水単色のデッキだったが、カードパワーが低くて話にならず。受けの強い光文明と合わせて、ドレミ団のエンジェル・コマンド・ドラゴンに頼ることにした。革命チェンジでコマンドを供給しながら禁断機動に繋げる。

光水タッチ闇VV-8

4 x エナジー・ライト
4 x スパーク・チャージャー
4 x 青音の精霊龍 リンガール
4 x 青寂の精霊龍 カーネル
4 x ドラゴンズ・サイン
4 x 禁断機関 VV-8
4 x 秘革の求答士 クエスチョン
4 x 大聖堂 ベルファーレ
4 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
4 x 音階の精霊龍 コルティオール

こちらの手札に干渉できないビートダウンにはかなり強く、光火自然の《蒼き団長 ドギラゴン剣》、《族長の魂友 ワチャゴナ》などのデッキに対しての勝率はよかった。
最初の一撃をS・トリガーで受けて、《禁断機関 VV-8》を召喚しつつ革命チェンジで切り返すのが理想的な流れ。特に《時の法皇 ミラダンテXⅡ》は禁断機動を狙う上で非常に便利なカード。ファイナル革命で1ターンもらうことができ、《ドラゴンズ・サイン》を唱えれば1回の攻撃で2枚の封印を解放できる。さらに、ファイナル革命は相手にターンを渡すまで適用され、一部のS・トリガークリーチャーを無力化したまま追加ターンを行える。
ビートダウンに強い一方、ハンデスを擁するコントロールデッキに弱いことは否めなかった。また、システムクリーチャーを直接破壊する手段がなく、《求答士の参謀 マルヴァーツ》の着地を許すと投了レベル。

そこで、こちらも闇を増やして闇入りコントロールデッキ相手に同じ土俵で戦えるようにした。
光水闇VV-8

4 x 裏切りの魔狼月下城
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x ブレイン・タッチ
4 x 青音の精霊龍 リンガール
4 x 青寂の精霊龍 カーネル
4 x 禁断機関 VV-8
4 x 求答士の参謀 マルヴァーツ
4 x 地獄門デス・ゲート
4 x 秘革の求答士 クエスチョン
4 x 大聖堂 ベルファーレ

革命チェンジ持ちコマンド・ドラゴン12枚、(バトルゾーンに干渉できる)S・トリガー12枚の構成は同じ。
S・トリガーで革命チェンジ元が出にくい上に《時の法皇 ミラダンテXⅡ》でロックすることができないため、カウンターの威力が弱い。それでもビートダウンに対して戦えるのは、シールドの追加と革命チェンジ元の用意を同時にこなせる《青音の精霊龍 リンガール》の存在が大きい。
《時の法皇 ミラダンテXⅡ》が担っていた禁断機動の補助は、ハンデスにより相手の後続を落とすことで代替する。

店舗予選で使うデッキがないという人は、《禁断機関 VV-8》で永久勝利を製造してみてはいかがだろうか。